ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 石川県次世代産業育成講座「残留応力の基礎とその利用方法」

石川県次世代産業育成講座「残留応力の基礎とその利用方法」

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月19日更新

講演会・研修会

開催日 2018年1月25日
開催時間 13時30分~16時30分
開催場所 トライアルセンター 第2研修室(石川県工業試験場 5階:金沢市鞍月2丁目1番地)
主催者 (公財)石川県産業創出支援機構、協力:石川県工業試験場
料金 有料
1,000円(当日ご持参ください)
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

開催概要

石川県次世代産業育成講座・新技術セミナー

「残留応力の基礎とその利用方法」

 残留応力は、外観からは見えないものですが、機械製造業界では、この残留応力を積極的に利用する傾向があります。加工精度の向上にも残留応力の管理・把握が重要です。また、機械部品の損傷では、しばしばこの残留応力が損傷要因になっていることがあり、部材の健全性評価、余寿命診断を行う上でも残留応力の評価は必要不可欠です。
 本講座では、残留応力測定の計測原理、方法を簡潔に述べるとともに、応力計測の活用事例について紹介します。
 多数ご参加くださいますようお願いいたします。
 
[日時]
平成30年1月25日(木) 13時30分~16時30分

[場所]
トライアルセンター 第2研修室(5階) 
石川県工業試験場 機械金属部 材料物性試験室(1階)
(石川県工業試験場:金沢市鞍月2丁目1番地)

[講師]
○残留応力とは、残留応力の利用方法と不具合事例 (13時30分~15時00分)
 株式会社IHI検査計測 技師長室 フェロー  中代 雅士 氏

○ひずみゲージによる応力計測と応力開放による残留応力計測(15時00分~16時30分)
 株式会社IHI検査計測 技師長室 フェロー  三上 隆男 氏

[受講料]
1,000円(当日ご持参ください)

[定員]
15名

[担当]
石川県工業試験場 機械金属部 専門研究員 鷹合滋樹

[締切り]
平成30年1月18日(木)(定員になり次第締切ります)

申し込み方法

備考欄の事項をFAXまたはEメールでお申し込みください

申込締切

2018年1月18日 18時00分

備考

石川県次世代産業育成講座・新技術セミナー 受講申込
「残留応力の基礎とその利用方法」

日時 : 平成30年1月25日(木) 13時30分~16時30分
場所 : トライアルセンター 第2研修室(5階) 
    石川県工業試験場 機械金属部 材料物性試験室(1階)
     (石川県工業試験場:金沢市鞍月2丁目1番地)

申込メールは seminar@irii.jp


【会 社 名】

【住  所】〒

【受講者名】

【所属・役職】

【TEL】

【FAX】

【e-mail】

お問合せ

機関・企業名 (公財)石川県産業創出支援機構
部署
産業振興部
担当 次世代講座担当 中野
郵便番号 920-8203
住所 石川県金沢市鞍月2-1 (石川県工業試験場 企画指導部)
TEL 076-267-8081
FAX 076-267-8090
E-mail seminar@irii.jp