ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 若者×つなぐ×南加賀 観光フォーラム

若者×つなぐ×南加賀 観光フォーラム

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月20日更新

その他

開催日 2018年1月19日
開催時間 14時30分から16時55分(終了予定)
開催場所 加賀商工会議所(加賀市大聖寺菅生ロ17‐3)
主催者 南加賀商工観光推進協議会
料金 無料
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

添付ファイルを開く [PDFファイル/637KB]

開催概要

南加賀地域の観光資源について、若者の感性で掘り起こし、インバウンドの促進や観光振興につなげていくことを目的に、「若者×つなぐ×南加賀 観光フォーラム」を開催いたします。

開催内容

 主催者挨拶(14時30分~14時35分)

 取組発表(14時35分~14時50分) 
「訪日外国人観光客向けガイドサービス“Reach KANAZAWA”について」
金沢大学と株式会社日本エージェンシーが連携し、金沢の社会や文化にふれたい“外国人留学生”と国際交流をしたい“日本人学生”がペアとなり、金沢を訪れる外国人旅行者を案内するガイドマッチングサービス「Reach KANAZAWA」を2017年5月から運営・実施しています。

 提案発表(14時50分~15時20分)
「留学生は南加賀の観光資源をどう見たか」
協力:by“Reach KANAZAWA”

 基調講演(15時20分~15時50分)
「コミュニティ・デザインと観光:エコロジカル・デモクラシー」
講師:金沢大学人間社会学域地域創造学類 助教 工学博士 丸谷 耕太 氏
地域で観光を推し進めるためには,「住民の連携」や「持続的な観光地づくり」が必要となります。
そこで、自然(エコロジー)と社会(デモクラシー)の両方を、場所に根付くように、考え、組み合わせ、動かし、世界を再構成するエコロジカル・デモクラシーの理論を用いて自然・文化の連環について、南加賀の地域資源を再考します。

 パネルディスカッション(16時00分~16時50分)
「学生によるエコデモからみる南加賀の観光の未来」

  • パネリスト
    発表学生、観光産業に携わる方々など
  • コーディネーター
    金沢大学人間社会学域地域創造学類 助教 工学博士 丸谷 耕太 氏

 閉会挨拶(16時50分~16時55分)

主催

南加賀商工観光推進協議会(加賀商工会議所、能美市商工会、山中商工会、川北町商工会、小松商工会議所)

チラシ画像

申し込み方法

こちらからお申し込みください
https://goo.gl/kLdd49

申込締切

平成30年1月18日までにお申し込みください。

お問合せ

機関・企業名 南加賀商工観光推進協議会(小松商工会議所内)
部署
小松商工会議所事業課
担当 吉田・奥出
郵便番号 923-8566
住所 石川県小松市園町ニ1
TEL 0761-21-3121
FAX 0761-21-3120
E-mail komatcci@komatcci.or.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)