ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 【名古屋開催】経営革新セミナー「トップが主導する 市場競争力強化! モノづくりの『上流工程マネジメント』とは」

【名古屋開催】経営革新セミナー「トップが主導する 市場競争力強化! モノづくりの『上流工程マネジメント』とは」

印刷用ページを表示する更新日:2018年7月11日更新

講演会・研修会

開催日 2018年7月25日
開催時間 13時30分~16時30分
開催場所 ミッドランドホール 会議室B
主催者 株式会社テクノ経営総合研究所
料金 有料
通常料金(税込)10,000円
HP申込 割引料金(税込)8,000円
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

モノづくりの「上流工程マネジメント」とは [PDFファイル/775KB]

開催概要

トップが主導する 市場競争力強化! モノづくりの「上流工程マネジメント」とは
~ 低コスト・高収益はフロントローディングの成否で決まる ~

 

 製造現場で発生する問題に対し、初期段階で製品設計や製造工程に手を打っておくことで、量産後の損失を最小限に防ぐことができ、より効率的な生産活動を実現できます。しかし、量産前に問題やその解決策が見出せなければ、工数増や品質不良の発生、納期遅延などの重大な問題に発展してしまいます。
 フロントローディングとは、設計,生産準備段階で製造現場とのギャップを埋めることであり、これらを成功させる秘訣についてお伝えします。

 

【講演内容】


・設計開発や生産技術の失敗は、生産プロセスへの妥協や回避などによる深層的な対立が要因であり、対立を回避したり、妥協で解決していては成功を得ることはできない ・・・解決するためには?
(1)上流工程,製造現場の主張が正しく伝わるように見える化し、対立点を明確にする
(2)主張の背景、前提、意味を互いが把握,理解し、解決すべき論点を明らかにする
(3)解決すべき論点に対して、互いの難易度を考慮して解決策を考え、採否の判断をする


・Q(品質),C(コスト),D(納期)にこれらのプロセスを適用して収益性を向上させるには?
(1)工程ごとの役割や要件、目的,目標及び有効性を明確にし、工程間の相互関係を把握する
(2)各工程の「インプット」「資源・情報」「業務・方法」「アウトプット」の判断基準を定義する
(3)これらのプロセスを会社全体のシステムにおいて、適正にPDCAを回すことで管理する​


 日時
2018年7月25日 (水) 13時30分~16時30分

 場所 
愛知:ミッドランドホール 会議室B​(名古屋市中村区名駅四丁目7番1号)

 講師 手島 静雄(株式会社テクノ経営総合研究所)

 

申し込み方法

弊社ホームページ (関連URL)よりお申し込みいただくか、添付ファイルの参加申込書に必要事項をご記入のうえFAXでお申し込みください。。後日受講券等を郵送致します。

お問合せ

機関・企業名 株式会社テクノ経営総合研究所
部署
担当 岩田・森下
郵便番号 450-0001
住所 名古屋市中村区那古野1-47-1  名古屋国際センタービル
TEL 052-583-1723
FAX 052-583-1724
E-mail

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)