ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 「金沢美大デザイン開発体験塾」~UXデザインのプロセスを体験しよう 「出入口でのユーザー体験をリ・デザインする」~(全6回:10/9~11/13)

「金沢美大デザイン開発体験塾」~UXデザインのプロセスを体験しよう 「出入口でのユーザー体験をリ・デザインする」~(全6回:10/9~11/13)

印刷用ページを表示する更新日:2018年8月27日更新

講演会・研修会

開催日 2018年10月9日
開催時間 14時30分から17時30分
開催場所 金沢美術工芸大学
主催者 金沢市産学連携事業運営委員会、金沢市
料金 有料
5,000円(6回分 教材費込み)
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

添付ファイルを開く [PDFファイル/122KB]

開催概要

金沢市産学連携ものづくり技術交流塾
「金沢美大デザイン開発体験塾」

UXデザインのプロセスを体験しよう
「出入口でのユーザー体験をリ・デザインする」

IT技術の普及により世界は「モノからコト」へと急速に変化しました。その開発における最も重要なキーワードは「UX(ユーザー・エクスペリエンス)」です。今年の体験塾では、「出入口でのユーザー体験をリ・デザインする」をテーマに、IoTの基本的技術となるセンサーを用い、使用する人に良い体験をしてもらうために必要なモノを考える「UXデザイン」のプロセスを体験し、魅力ある製品づくりに取り組みます。
今回は、金沢市内の企業で製品開発に携わる方を対象に、ソニーの開発キット「MESH」を使用し、センサーやライト、動き、ボタンなど、無線でつながった電子ブロックを組み合わせる簡単なIoTの仕組みを取り入れ、例えば、「玄関先で宅配便の再配達の問題を解決するプロダクト」といった各自のテーマを見つけ、使いやすさ、満足感などを追求し、商品をいかにデザインするかを考えます。

 開催日
平成30年10月9日から11月13日までの毎週火曜日(全6回)

 時間
午後2時30分から午後5時30分まで

 会場
金沢美術工芸大学(金沢市小立野5-11-1)

 対象
魅力ある製品開発を実践したいと考えている金沢市内の企業の方々で6回とも出席できる方(操作・制作はスタッフが補助しますので専門知識は不要です。)

 定員
6名(定員に達し次第締め切ります。1社あたり1名まで)

 持参品
タブレットまたはスマートフォンをご用意いただき、あらかじめアプリをダウンロードしてご参加ください。(詳細は添付ファイル参照)

申し込み方法

添付ファイルの受講申込書をメールまたはFAXで送付してください。

申込締切

平成30年10月1日(月)までにお申し込みください。

お問合せ

機関・企業名 金沢市異業種研修会館
部署
担当
郵便番号 920-0377
住所 金沢市打木町東1400
TEL 076-240-1934
FAX 076-240-1903
E-mail minami_m@city.kanazawa.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)