ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 貿易実務講座:FTA/EPAの活用 ―原産地規則習熟編―(繊維分野)

貿易実務講座:FTA/EPAの活用 ―原産地規則習熟編―(繊維分野)

印刷用ページを表示する更新日:2018年9月20日更新

講演会・研修会

開催日 2018年10月30日
開催時間 9時30分~12時30分
開催場所 金沢商工会議所会館 2階 研修室1AB
主催者 ジェトロ金沢、金沢商工会議所
料金 無料
セミナー
一般:2,000円
会員:無料(但し、1回の講座で1社につき2名様まで)

相談会
無料

※会員とはジェトロメンバーズ(有料会員制度)、金沢商工会議所会員を指します。
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

開催概要

昨今のニュースでも度々話題となるFTAとEPA。関税の引き下げや撤廃を目的に、今後より多くの事業者が自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)を、国際ビジネスの必須要件として活用するものと考えられます。他方、これらの協定を利用する際には、輸出者は商品の原産性を示す根拠資料を準備のうえ、原産地証明書を輸入国税関に提出する必要があり、また多くの経済連携協定は輸出日から5年間それらの資料を保管することを義務づけています。

そこでジェトロ金沢は、新規発行予定のFTAの内容解説、具体的な事例の分析や演習を通して、皆さまの職場でのFTA/EPAの活用実現について考えていただく講座を開催します。また今後増えることが予想される、原産地規則の自己証明制度に向けた対策としてもご活用いただけます。

日頃から経済連携協定を活用されている方はもちろん、今後海外取引を増やしていかれたい方も、是非ご参加ください。

各日の講座の後には、ジェトロ金沢にてFTA/EPAの活用にかかる個別相談会も開催します。併せてこの機会にご相談ください。

 日時

  • 2018年10月30日(火曜) 9時30分~12時30分:繊維分野
  • 2018年10月31日(水曜) 9時30分~12時30分:機械分野
  • 2018年11月1日(木曜) 9時30分~12時30分:食品分野

※該当される分野の講座いずれかをご受講ください。

個別相談会:各日午後 14時00分~16時50分

 場所
金沢商工会議所会館 2階 研修室1AB
(金沢市尾山町9-13) 

 内容

  1. FTA/EPAにおける「原産地」の定義と原産地証明制度
  2. 具体的事例の紹介:FTA/EPAの利用可能性
  3. 演習(原産性証明資料の作成)

 講師
​株式会社アールFTA研究所 代表取締役 麻野 良二 氏

これまでシンガポール日本商工会議所事務局長、大阪商工会議所国際部副参事等を歴任し、2016年4月より現職。関西学院大学非常勤講師。

 定員
​セミナー:各回30名
相談会:各回3社
※先着順(定員になり次第、締め切ります)

申し込み方法

関連URLよりお申し込みください。

申込締切

2018年10月19日(金曜) 23時59分

お問合せ

機関・企業名 ジェトロ金沢
部署
担当 山崎、塩田
郵便番号
住所
TEL 076-268-9601
FAX 076-268-9603
E-mail