ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 制作物で違法・差別表現が発覚した際に、 その責任を負えますか?『発注担当者のための広告法務講座』

制作物で違法・差別表現が発覚した際に、 その責任を負えますか?『発注担当者のための広告法務講座』

印刷用ページを表示する更新日:2019年1月11日更新

講演会・研修会

開催日 2019年2月14日
開催時間 10時~17時20分
開催場所 宣伝会議北陸本部(JR金沢駅から徒歩約5分 石川県金沢市本町1-5-2 リファーレ10階)
主催者 宣伝会議
料金 有料
43,200円(税込み)
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

開催概要

セミナーイメージ画像

講座について

広告制作における発注担当者が知っておくべき、法務知識を学びます。
広告、販促物の作成をデザイナーへ依頼、または自身で行う際には、その制作物の責任は担当者が背負うことになります。
もちろん、制作側に法的な責任がある場合がありますが、責めを負うのは担当者自身になってしまいます。
そのリスクをできるだけ少なくし、効率的に進行を進めるためにも、担当者自身がクリエイティブに関する法知識を身に付けることが重要となってきます。
本講座ではアイデアの発想元、二次利用の制限、広告素材の著作権、嘘になるコピー表現など、制作物を発注するにあたって知っておくべき法規を分かりやすく講義します。

受講対象

  • 宣伝・販促・広報・営業企画など、制作物の発注担当の方
  • 広告会社の営業の方
  • 制作会社のデザイナーの方

講座開催の背景

マス広告の作成には媒体社や、広告会社の表現・法務チェックが入ります。
しかし、パンフレット、チラシ、Webなどの広告制作においては、制作会社との直接のやりとりのためにチェック機能が働いていない場合があります。
法務部が社内にあったとしても、チェックが厳しく角の取れた表現になってしまうことが多々あります。
魅力的な表現を保つためにも、担当者が法務知識を持っていることが重要になってきます。
そこで宣伝会議では、最低限おさえておくべき法務知識を学ぶ「発注担当者のための広告法務講座」を開催いたします。

【詳細はこちら】
https://www.sendenkaigi.com/upload/save_image/09140941_5b9b03c6608cb.pdf

申し込み方法

●下記URLより「金沢教室」をご選択いただき、オレンジ色の申し込みボタンよりお手続きください。
https://www.sendenkaigi.com/class/detail/koukoku_houmu.php

※FAXでのお申込を希望される方はこちらをご利用ください。
https://www.sendenkaigi.com/files/simulcast_apply.pdf

申込締切

前日12時までにお申し込みください。

備考

※東京開催分を生中継でご受講いただく「同時中継受講」です。

※キャンセルについて
お申し込み後のキャンセルは原則承っておりません。
お席をお取りしておりますので、ご都合が悪くなってしまった場合は、
代理の方によるご出席等をお願いいたします。
詳しくは下記をご参照ください。

教育講座の受講お申し込みにつきまして
https://www.sendenkaigi.com/dealings/#n02

お問合せ

機関・企業名 宣伝会議
部署
北陸本部
担当 笹原
郵便番号 920-0853
住所 金沢市本町1-5-2, リファーレ10階
TEL 076-224-3010
FAX 076‐224‐3475
E-mail hokuriku@sendenkaigi.co.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)