ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 新たな切り口で販売促進、情報提供するための『デジタルサイネージ活用基礎講座』

新たな切り口で販売促進、情報提供するための『デジタルサイネージ活用基礎講座』

印刷用ページを表示する更新日:2019年1月17日更新

講演会・研修会

開催日 2019年2月27日
開催時間 10時~17時20分
開催場所 宣伝会議北陸本部(JR金沢駅から徒歩約5分 石川県金沢市本町1-5-2 リファーレ10階)
主催者 宣伝会議
料金 有料
43,200円(税込み)
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

開催概要

セミナーイメージ画像

講座について

デジタルサイネージを活用する際には、「エリア」だけでなく、朝・昼・晩といった「時間帯」の側面についても考慮する必要があります。
エリアと時間帯を組み合わせてクリエイティブを切り替えることで、人の生活動線に沿った情報提供ができるようになり、宣伝広告や販売促進の効果を高めることができます。
本講座では、デジタルサイネージを活用して顧客1人ひとりの生活行動に沿った情報提供をするために、デジタルサイネージを有効的に活用する基礎知識から、他メディアと連携した戦略設計、そして、行動を誘発させるためのクリエイティブ施策までを1日集中で学びます。

受講対象

広告会社・制作会社の営業、プランナー、企業のマーケティング部門、宣伝部門、ブランドマネージャー、広報部門、販促部門など

開講の背景

東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、デジタルサイネージは、動画で視認性の高いコンテンツを提供できるだけでなく、多言語での情報提供もできることなどから、利用率は2020年には2717億円まで伸長すると予測されています。
また、繁華街やショッピングセンター、駅、空港など、さまざまなところに設置されているデジタルサイネージは、消費者の価値観が複雑化する中で、顧客の行動に沿った情報の提供を行えるという点でも注目されています。
しかし、テレビCMをそのまま使ってしまっていたり、地域やエリアによってクリエイティブを変えるといった使い方をしていなかったりと、サイネージの特性を効果的に活用できていないケースもまだまだ多く見受けられます。

カリキュラム


【詳細はこちら】
https://www.sendenkaigi.com/upload/save_image/11222122_5bf69f73f087a.pdf

申し込み方法

●下記URLより「金沢教室」をご選択いただき、
オレンジ色の申し込みボタンよりお手続きください。
https://www.sendenkaigi.com/class/detail/katsuyou_digital_signage.php

※FAXでのお申込を希望される方はこちらをご利用ください。
https://www.sendenkaigi.com/files/simulcast_apply.pdf

備考

※東京開催分を生中継でご受講いただく「同時中継受講」です。

※キャンセルについて
お申し込み後のキャンセルは原則承っておりません。
お席をお取りしておりますので、ご都合が悪くなってしまった場合は、
代理の方によるご出席等をお願いいたします。
詳しくは下記をご参照ください。

教育講座の受講お申し込みにつきまして
https://www.sendenkaigi.com/dealings/#n02

お問合せ

機関・企業名 宣伝会議
部署
北陸本部
担当 笹原
郵便番号 920-0853
住所 金沢市本町1-5-2, リファーレ10階
TEL 076-224-3010
FAX 076‐224‐3475
E-mail hokuriku@sendenkaigi.co.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)