ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > ものづくり実践塾セミナー「自社技術を活かして・・・オリジナル製品開発への挑戦」

ものづくり実践塾セミナー「自社技術を活かして・・・オリジナル製品開発への挑戦」

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月10日更新

講演会・研修会

開催日 2019年5月23日
開催時間 14時00分から16時00分
開催場所 金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400番地)
主催者 金沢市(事業受託者 安原工業団地協同組合)
料金 無料
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

添付ファイルを開く [PDFファイル/330KB]

開催概要

「自社製品を持ちたいけれどどうすれば…」
「過去に開発したけれど成果が出なかった」
「製品開発ってハードルが高いんじゃ…」

そんなお悩みをお持ちの企業は必聴!

下請企業がヒット製品を生み出した事例などを交えながら、自社技術・設備を活かした製品開発を行うポイントをわかりやすく説明します。

製品開発の流れからマーケティング、開発のきっかけになる情報(シーズ)の探し方など、これから製品開発を目指す企業はもちろん、すでに自社製品を持つ企業にも必ず役に立つ内容です。

今年度新たに実施する「ものづくり実践塾※」で、参加企業に伴走してサポートを行う支援チームのメンバーが講師を務めます。

 飯尾豊氏/(一社)金沢クラフトビジネス創造機構デザインディレクター
1981年、金沢美術工芸大学を卒業後、松下電工協力会社のミサキ電機株式会社に入社、照明器具の企画・デザイン、開発を手掛ける。1985年にイタリアに渡り、ミラノ工科大学に通う。その後、ミラノ市内で事務所を開業。帰国後は国、県、市の事業のアドバイザーを務める傍ら、企業等の製品開発のサポートに尽力している。

 宮田誠心氏/宮田特許事務所弁理士
金沢市出身、横浜国立大学工学部を卒業後、東京大学大学院工学系研究科を修了。東京の特許事務所への勤務を経て、宮田特許事務所に在籍。2017年、弁理士登録。2018年、弁理士知財キャラバン(知財コンサル)履修支援員研修修了。顧客の多くが中小企業であり、事業に役立つ知的財産権の取得、活用に尽力している。

※「ものづくり実践塾」とは
製品開発に取り組もうとする中小企業者に、金沢市ものづくりコーディネーター、製品開発(商品企画)に詳しいデザイナー、弁理士の3名で構成するチームが伴走しながら開発を支援していく製品開発塾です。適宜、チームが生産現場などに赴き、自社の事業分野や保有技術を活かした製品開発をサポートします。(平成31年度新規事業)

申し込み方法

参加申込書をダウンロード・ご記入のうえ、FAXまたはメールにてお申込ください。

申込締切

定員に達し次第、締め切ります。

お問合せ

機関・企業名 安原工業団地協同組合
部署
担当 安村
郵便番号 920-0377
住所 金沢市打木町東1400番地
TEL 076-240-1411
FAX 076-240-1903
E-mail yasuhara@mint.ocn.ne.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)