ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 新規導入機器等説明会(2日間:6/6~6/7)

新規導入機器等説明会(2日間:6/6~6/7)

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月23日更新

講演会・研修会

開催日 2019年6月6日
開催時間 13時00分~、15時00分~
開催場所 石川県工業試験場 第2・3会議室
主催者 石川県工業試験場
料金 無料
関連URL
添付ファイル

新規導入機器等説明会チラシ [PDFファイル/192KB]

開催概要

「新規導入機器等説明会」のご案内 

 

 石川県工業試験場では、昨年度更新、導入した機器を有効に利活用していただくために、開発や評価等の利用用途に応じた説明会のコースを設けました。新規導入機器だけでなく皆さまが普段お困りの分析や解析に関連した従来機器も併せて、概要説明や見学・実演で利用法についてご説明いたします。
 この機会に是非とも多数のみな様にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。(参加は無料です)

日時

令和元年6月6日(木曜日)~7日(金曜日)
全4コース 各コースの所要時間は1時間30分程度

場所

石川県工業試験場 第2・3会議室(概要説明会場)
金沢市鞍月2丁目1番地

定員

各コース15名

開催コース

6月6日(木曜日)
開始/13時00分

A:レーザ 肉盛による金属積層部分造形技術 活用コース

・三次元デジタイザとレーザ肉盛装置を用いた金属積層部分造形技術を説明
製品の高精度補修や耐久性向上への応用など活用方法を紹介
合わせて高温マイクロビッカース硬度計を紹介し,造形部の評価技術について説明
【対象機器】
三次元デジタイザ
レーザ肉盛装置
高温マイクロビッカース硬度計


開始/15時00分
B:機械部品の設計開発技術コース


・構造最適化システムの概要と具体的な部品の最適設計方法を紹介し、その後、3 D プリンタによる部品の造形、計装化振動試験機等の試験設備による性能評価技術を説明
【対象機器】
構造最適化システム
3Dプリンタ
高温マイクロビッカース硬度計
高温回転曲げ疲労試験機
計装化振動試験機

 

6月7日(金曜日)
開始/13時00分

C:繊維・プラスチック製品の分析技術コース

・各種分析機器を用いた繊維、プラスチック料の材質特定方法および微小異物の同定方法を説明
【対象機器】
顕微赤外イメージングシステム
​(フーリエ変換型赤外分光光度計、顕微FTIR イメージング装置)
デジタルマイクロスコープ
元素分析機能付き走査型電子顕微鏡

開始/15時00分
D:電子部品の不具合解析コース​

・動作不良となった機器評価のため、電子部品等の外観を詳細に観察する装置、および内部を非破壊で調査する装置について紹介
また、電子部品表面の定性・定量・化学結合状態の分析技術について説明
【対象機器】
高画質マイクロスコープ
マイクロフォーカスX線透過・CT装置
高性能X線光電子分光分析装置

申し込み方法

添付ファイルの裏面にある「参加申込書」に必要事項を記入の上、FAX、Eメール等にてお申し込み下さい。

申込締切

令和元年5月31日(金曜日)または募集人数(15人)に達し次第、締め切らせていただきます。

お問合せ

機関・企業名 石川県工業試験場
部署
企画指導部
担当 米澤、筒口
郵便番号 920-8203
住所 金沢市鞍月2丁目1番地
TEL 076-267-8081
FAX 076-267-8090
E-mail service@irii.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)