ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 令和元年度 独創的な人向け特別枠 「異能vation」プログラムに関する説明会

令和元年度 独創的な人向け特別枠 「異能vation」プログラムに関する説明会

印刷用ページを表示する更新日:2019年6月13日更新

説明会・相談会

開催日 2019年6月26日
開催時間 18時00分~19時30分
開催場所 金沢勤労者プラザ
主催者 株式会社角川アスキー総合研究所
料金 無料
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

開催概要

令和元年度 独創的な人向け特別枠「異能vation」プログラムに関する説明会のご案内

 

 総務省では、令和元年度のSCOPE独創的な人向け特別枠「異能vation」(いのうべーしょん)プログラムを実施しており、今年度のこのプログラムの金沢での公募説明会が、以下のとおり開催されますので、お知らせいたします。

 

 開催日時
令和元年6月26日  (水曜日)16時から19時30分

 

 場所
​金沢勤労者プラザ 103研修室
石川県金金沢市北安江3-2-20
(アクセス・地図)https://www.kinpura.com/about/access.html

 

 対象
・自身で応募(自薦)を希望されている方
・身近にいる「ICT分野に関して独創的な人や異能な人」を推薦したい方(他薦)
・企業のイノベーション事業担当者
・協力協賛企業への参画を検討されている企業の方
・マスコミの方
・その他、この日本を変えていく“異能”なプロジェクトに少しでもご興味のある方

 

 参加費
無料

 

 

▼▼ 参考 「異能(inno)vation」の紹介 ▼▼

<「破壊的な挑戦」部門>

ICT分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援。
(技術開発支援額:上限300万円、技術開発期間:最長1年間)

・価値ある正当な失敗をした技術課題は、スーパーバイザーの評価により、再挑戦が可能。
・卒業後、異能β(ベータ)と認定されると地球規模の展開に対する支援を受けることが可能。


<「異能ジェネレーション・アワード」部門>

アイディアだけでOK。協力協賛企業が表彰。
(協力協賛企業各社より副賞(20万円)や企業特別賞など)
今年度は、
「未来がより良くなるような、ちょっとした独自のアイディア」
「自分でも一番良い使い方が分からないけれど、こだわりの尖った技術やモノ」
「自らが発見した実現したい何か」
などが表彰される予定。

・表彰にノミネートされた提案(昨年度実績186件)は、協力協賛企業と協力して実装や実現を目指す機会が設けられる。
・提案は課題設定型コンテスト「異能グランドチャレンジ」のチャレンジ課題になる場合あり。


<応募にあたって>

・年齢制限はありません。
・国籍は不問ですが、「日本で活躍したい外国人の要件」を満たす必要があります。
詳細は、別添「応募要項」にある各部門の要項をご確認願います。
・自薦の場合は、個人、もしくはグループ
・他薦の場合は、近くにいる推薦したい人、もしくはグループ
・上記2部門への同時応募も可能です。

1.公募期間
令和元年6月3日(月)~7月31日(水)18時00分まで

2.事業の概要、募集要項、応募方法
「異能(inno)vation」プログラムのwebページをご参照ください。
http://www.inno.go.jp/

 

申し込み方法

お申し込みにつきましては関連URLページの「申し込みフォーム」よりお申し込みください。

お問合せ

機関・企業名 株式会社角川アスキー総合研究所
部署
「異能vation」事務局
担当
郵便番号
住所
TEL 03-5840-7629
FAX
E-mail info@inno.go.jp