ISICO トップ
目的別
組織別
地場産業振興センター
いしかわサイエンスパーク
デジネット DGnet
こんにちは  ゲスト  さま|メルマガ・会員登録ヘルプ

「ITクラウド」操作ガイド

 

はじめるときは?

 

<index> どのように探すのか? 探した相手への対応は? 相手が探せないとき? 見積を依頼するには?

 

○何を準備すればいいのか?

 

準備するものは、通常連絡できるメールアドレス(自社ドメインメールアドレス推奨)と、自社の概要情報(名刺情報+資本金・従業員数・設立年月など)が必要です。

 

 

○新規登録するには

 

ISICOの「ITクラウド」トップページから登録できます。

 

 

①トップページ右側のボタンをクリックします

 

②企業基本情報を入力します

 

③サイトポリシーを確認します

 

④登録内容確認ボタンをクリックします

 

 

 

 

⑤登録したメールアドレスに登録確認のメールが届きます

メールに記載されたURLアドレスをクリックすると「仮登録」が完了します

 

⑥次にトップページからログインして「詳細な会員情報」を登録してください

ISICOの利用規約に基づき「企業のなりすまし」など確認した後に、「会員登録」完了メールをお送りします

 

<top>

 


 

 

○すべての会員情報を登録しましょう!

 

 

①企業ロゴ・企業イメージの画像を登録しましょう

 

 

②画像ファイルは、ここに反映されます

 

 

③企業詳細情報編集を登録です

全項目を入れたら、企業業種を設定して登録しましょう

 

④さらにアイテム情報(商品・設備)を追加すると、トップページからの検索で上位表示される可能性が高くなります

検索ツールでは全文で検索しますので、専門用語・技術・商品名・設備名など情報量が増えるほど、検索されて上位表示の可能性が高くなります

 

お疲れ様でした、ここまでで「詳細な会員情報」作業が完了です

ISICOが利用規約に基づき「企業のなりすまし」など確認して「会員登録」完了メールをお送りします

 

<top>

 


 

 

○会員登録完了で、自動的にホームページが完成!

 

 

簡易ホームページはISICOトップページの配下に作成されます。

 

SEO効果(ネット検索で上位表示)があるため、自社ページがない企業だけでなく、自社ページへのリンクなどでも有効な活用方法が図れます。

 

編集モードで検索しても修正後の自社ページが表示されませんが、一度ログオフして編集モードから離脱すれば確認ができます。

 

 

<top>

 


 

 

どのように探すのか?

 

 

 

○検索からはじまります!

 
自社の課題などから、検索サイトなどで利用する【キーワード】を抽出します。
検索前に、自社が必要な課題や案件の「キーワード」は、組合せも考えて複数用意することが大切です
 
 
情報収集や問い合わせするために【キーワード】で検索します。たとえば「漆」を検索キーワードにして企業を検索します。
 
 
②単独条件キーワードで検索を実施すると、71件の企業が検索されました。
 
 

<top>

 


 

 

 
 

最適な企業を素早く見つけるためには、多い検索結果から絞り込んで少なくすることが大切です。
絞り込みは「多重検索」を利用することで、素早く専門家(企業)を探して、問合せなどを複数企業へ同時に依頼ができます。
 
 
金箔を扱っている会社が新たに事業拡大を図る場合、拡大したい分野となるキーワードとして「漆」と「茶道具」を設定して多重検索する。
 
 
 
 
②単独検索の71件の企業から、多重検索によって5件までに絞り込みができた。
 
 

<top>

 

 


 

 

探した相手への対応は?

 

 

 

○情報収集や問い合わせを複数企業へ一括して依頼するには。

 

多重検索で絞り込んだ専門家(企業)を選択、複数企業へ一括して情報収集や問い合わせができます。
 
多重検索で絞り込んだ専門家(企業)を選択、複数企業に「問い合わせ」ボタンで選択確定します。
 
 
 
絞り込んだ専門家(企業)に件名とお問い合わせ内容を記入、必要ならば添付ファイルで詳細な情報を送信する。
 
 

 


 

 

相手が探せないときは?

 

 

○情報収集や問合せなど案件を公開依頼するには

 

相手を特定しない(できない)時の情報収集や問合せは、案件登録して「公開依頼」ができます。

そのほかにも。検索しても相手企業が見つからない場合、急いでいて短納期の見積が必要な場合、一般的な仕様で低価格を求める場合、通常業種と違う異分野の見積が必要な場合などにも利用します。

 

情報収集や問合せには、「案件区分(公開)」「ジャンル」「案件の概要」「案件の詳細」が必須入力項目となります。

登録後には、ISICOが審査して問題が無ければ、公開募集されます。

 

 


<top>

 

 

 

 

見積を依頼するには?

 

 

○見積を依頼する時、直接依頼する方法

 

 

①見積依頼は、まず案件登録します。「案件区分(直接依頼)」を選択します

 

 

多重検索で絞り込んだ企業を選択、複数企業に「見積り依頼」ボタンで選択確定します。

 

 

絞り込んだ企業に、①で登録した案件名とコメント内容を記入して送信します。

 

 

④見積依頼では、案件単位ごとに対応コメントを管理できます。例えば、発注側から見積依頼後の数量変更や仕様変更、受注側からは納期変更や仕様確認など、通常メールや電話での記録を一元的に管理できます。

 

 

<top>

 


 

 

○見積を依頼する時、公開依頼する方法

 

 

 

①見積依頼は、まず案件登録します。「案件区分(公開依頼)」を選択します。

登録後には、ISICOが審査して問題が無ければ、公開募集されます。

 

 

 

<top>

 

以上