ISICO トップ
目的別
組織別
地場産業振興センター
いしかわサイエンスパーク
デジネット DGnet
こんにちは  ゲスト  さま|メルマガ・会員登録ヘルプ

女性が喜ぶ発酵食として発信 実店舗への誘客にも成功

掲載号 vol.71
記事内容

 サイトにかける情熱 Passion to a site 
ISICOではインターネットによる販路開拓をサポートしています。支援先の中から、熱い思いを胸にサイトの改善に挑む、意欲的な取り組みを紹介します。

 

[ (株)ヤマト醤油味噌 ]
 http://www.yamato-soysauce-miso.co.jp/

 

(株)ヤマト醤油味噌

酵素や乳酸菌の働きに注目

 ヤマト醤油味噌のネットショップでは、醤油(しょうゆ)や味噌(みそ)、塩糀(しおこうじ)、甘酒といった商品を、美容と健康維持のために大切な発酵食という切り口で発信し、販促や実店舗への誘客につなげている。
 ネットショップを訪れた瞬間、真っ先に目に飛び込んで来るのは「めざせ、発酵食美人!」というキャッチフレーズだ。発酵食美人とは、発酵食を毎日の食事に取り入れることで、腸内環境が改善されるなどして、体の中からきれいになった女性のこと。ネットショップでは、甘酒を飲み続けると肌に弾力を与える真皮の厚みが増した事例など、発酵食に含まれる酵素や乳酸菌の作用をPRしたり、同社が販売する糀の調味料や甘酒を使ったレシピを紹介するなどして、消費者の興味を刺激している。
 ネットの力を活用し、実店舗に消費者を呼び込むO2O(Online to Offline)への取り組みも特筆すべきだろう。その核となるのが、昨年9 月に本社工場内のホールでオープンした「発酵食美人食堂」だ。塩糀などを使ったコース料理を提供する同店は、ネットショップで会員登録すると利用できる仕組みで、同社の商品に興味を持った消費者が、その使い方やおいしさを実際に体感できる場となっている。
 こうした取り組みが評価され、今年3月にISICOが開催した「ネットショップコンテンスト北陸2013」で、192店の中から準グランプリに選ばれた。

 

発酵食美人を応援するメーカーに
山本社長 
ネットショップを現在のようにリニューアルするヒントとなったのは、ヤマト糀部の活動だった。これは消費者に塩糀などの活用法を学んでもらおうと平成23年11月から同社が月に一度、開催している料理教室で、部活動の目標として掲げられているのが「めざせ、発酵食美人!」という言葉だ。
 毎回20名以上が参加するその活動は、折からの塩糀ブームも追い風となり、NHKの情報番組にも取り上げられた。参加者からは糀を食べ続けるうちに「便秘が解消した」「肌つやが良くなった」「料理が楽しくなった」といった喜びの声が上がり、口コミでその評判が広まるようになった。
 こうした参加者の声や笑顔に背中を押された山本晴一社長は、会社の事業領域を醤油味噌製造から発酵食美人を応援するメーカーへと再定義し、これに合わせて昨年9月にネットショップを一新した。
 ヤマト糀部や発酵食美人食堂など、ソフト面での仕掛けが奏功し、山本社長は「リニューアル以降、実店舗の来客数は確実に増え、ネットショップの売り上げは前年比1.5倍を見込んでいる」と手応えを口にする。
 今後は、各商品の紹介ページでも、おいしさだけでなく、美容と健康維持のために大切な発酵食品の魅力をアピールし、さらに訴求力アップを目指す計画だ。

 

関連URL http://www.isico.or.jp/isico/i-maga/isico_v71
備考 情報誌「ISICO」vol.71より抜粋
添付ファイル
企業名 株式会社 ヤマト醤油味噌
事業内容 醤油、味噌、加工食品の製造、販売
創業・設立 創業  明治44年2月
もっと知りたい