ISICO トップ
目的別
組織別
地場産業振興センター
いしかわサイエンスパーク
デジネット DGnet
こんにちは  ゲスト  さま|メルマガ・会員登録ヘルプ

石川県よろず支援拠点|七尾商工会議所内に相談拠点を新設 コーディネーターは総勢12人に

掲載号 vol.94
記事内容

使って役立つ! ISICOのトリセツ
中小企業の総合支援センターとして、経営課題の解決をサポートするISICO。
幅広い支援メニューの中から注目の取り組みをピックアップして紹介します。


ISICO内にあるよろず支援拠点では、広村和義チーフコーディネーターを中心に、4、5人が常駐しています。 写真

中小企業の経営を支援するため、国がISICO内に設置する「石川県よろず支援拠点」は今年4月、七尾商工会議所内に県内で5カ所目となる相談拠点を新たに設けました。経営課題の相談に応じ、助言に当たるコーディネーターは総勢12人で、企業の悩みによりきめ細かく対応できる体制を整え、ISICOや県内の商工会議所や商工会、金融機関などと連携しながら、課題解決をサポートしています

 

金沢・加賀・能登に5カ所 イベント時に出張相談会も

 よろず支援拠点では、販路拡大や商品開発、経営改善や現場改善、創業や事業承継など、中小企業が直面するさまざまな課題について、中小企業診断士や弁護士、税理士、ITコーディネーターなど、豊富な経験を持つコーディネーターが相談に応じ、適切な解決策を提案しています。相談は無料。何度でも利用可能です。
 平成26年にISICO内に開設され、その後、南加賀や能登の企業経営者も足を運びやすいようにと、小松、能美、輪島の各市内に相談拠点を設けてきました。これらに続き、今春、七尾商工会議所内に新設したのが「能登サテライト」です。
 支援をさらに充実させるため、今年4月からは起業にチャレンジする女性を対象に、金沢市の県女性センターで毎月第3水曜に出張相談窓口を設けています。女性税理士が開業の手続きや税務会計など、スタートアップ時の悩みやトラブルに対応しています。
 このほか、5月に県産業展示館2号館で開かれた「ビジネス創造フェアいしかわ」などの展示会での出張相談会にも取り組んでいます。

 

能登地区の課題は事業承継とIT活用

七尾商工会議所内に新たに開設した能登サテライトに常駐する高丸敏和コーディネーター 写真 新設した能登サテライトに月曜から金曜まで常駐するのは、中小企業診断士の高丸敏和コーディネーターです。「サポートの質にこだわり、相談に来て良かったと思ってもらえるよう頑張りたい」。そう意欲を燃やす高丸コーディネーターが能登地区の企業にとっての潜在的な課題とにらんでいるのが、事業承継とI Tの活用です。
 事業承継について高丸コーディネーターは「能登では事業所数の減少が続いている。セミナーを開催したり、七尾商工会議所と連携して会員企業を巡回訪問したりして、サポートを必要とする企業を掘り起こし、廃業に歯止めをかけたい」と話します。
 また、ITの活用については、「過疎化が進む能登で事業を続けるには、マーケットを全国に広げることが重要。そのためにはホームページを作るだけでなく、どのようにターゲットとする人に見てもらうか、ウェブマーケティングに目を向けてほしい」と述べ、集客力アップや受注増につながる提案に力を入れる考えです。

 

年間4,000件以上の相談 満足度も上々

 よろず支援拠点の平成28年度の相談対応件数は4,054件、来訪相談者数は1,356人に上ります。同年8月から11月に受け付けた相談者に対する満足度調査では約90%が「満足」または「やや満足」とお答えいただき、好評を得ています。
今年4月に県地場産業振興センターで開かれた「プラスITフェア」でも出張相談に対応しました 「どんなことでもいいので、困ったことがあれば、まず声を掛けてほしい」と腕まくりするのは広村和義チーフコーディネーターです。よろず支援拠点では、例えば、生産管理や品質管理に関する課題であれば大手建設機械メーカーで経験を積んだ経営士が対応し、債権回収や労務管理に関する悩みであれば弁護士が相談に乗るといったように、専門分野に精通するプロフェッショナルがあなたのブレーンとなります。ぜひご利用ください。

 

【お問い合わせ】
石川県よろず支援拠点 
金沢市鞍月2丁目20番地
石川県地場産業振興センター新館1階
TEL.076-267-6711


小松サテライト 
小松市園町ニ-1番(小松商工会議所内)
TEL.0761-21-1139


能登サテライト 
七尾市三島町70-1(七尾商工会議所内)
TEL.0767-52-1225


能登サテライト分室 
輪島市三井町洲衛10部11番1
石川県奥能登総合事務所
(能登空港ターミナルビル4F)
TEL.0768-26-2333


ISP サテライト 
能美市旭台2丁目1番地
TEL.0761-51-0122

 

支援企業の声

工程管理の改善で生産性アップ 受注の増加にもつながりました。

(株)マエダ [志賀町] 代表取締役社長 前田順一郎 さん

 

 当社ではアルミ鋳物で半導体製造装置や自動車製造用ロボット向けの部品を製造しています。数年前から受注の減少に悩んでおり、ISICO職員の巡回訪問をきっかけに、平成26年8月に石川県よろず支援拠点に相談しました。
 その後、コーディネーターの提案を受け、6S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ・安全)の徹底や工程管理の見直しに着手しました。以前は、工場内が雑然とし、背の高さほどまで木型が積み上がっていましたから、非常に見通しが悪かったのですが、整理・整頓によって社員全員が工場全体を見通せるようになり、各工程を受け持つ社員がお互いに進ちょく状況を確認し、遅れている工程があれば、応援できるようになりました。また、仕事の進み具合を視覚的に把握できる「ガントチャート」を工程管理に活用した結果、生産性が向上し、納期の遅延も減り、受注の増加につなげることができました。
 現在はコーディネーターの紹介で県デザインセンターとも連携し、鋳物の花瓶作りにも挑戦しています。これは、鋳物を造る際に鋳型へ余分に注入したアルミをリサイクルしたもので、完成後は鋳物のPRに活用したいと思っています。

 

関連URL http://www.isico.or.jp/isico/i-maga/isico_v94
備考 情報誌「ISICO」vol.94より抜粋
添付ファイル
企業名 公益財団法人 石川県産業創出支援機構
事業内容 新産業創出のための総合的支援、産学・産業間のコーディネート機関
創業・設立 設立  1999年4月1日
もっと知りたい