ISICO トップ
目的別
組織別
地場産業振興センター
いしかわサイエンスパーク
デジネット DGnet
こんにちは  ゲスト  さま|ヘルプ

ISICO

平成24年度
「エコ半島 能登」を
「エコドライブ」して、
G-stationでお得な情報を
ゲットしよう
=「のとトクプロジェクト」
=全国にNOTTVで紹介します。
平成23年度
クロスメディアへの登竜門
平成22年度
ICTとコンテンツの融合
平成21年度
地域地財のデジタル化とマーケティング
平成20年度
地域財産のメディア化
平成19年度
メディアクロスと海外目線

「エコ半島 能登」を「エコドライブ」して、
G-Stationでお得な情報をゲットしよう
=「のとトクプロジェクト」
=全国にNOTTVで紹介

 

 

世界農業遺産取得の「エコ半島
能登」を「エコドライブ」

 

 

 

 

 

 
 

世界農業遺産取得の「エコ半島能登」の紹介を軸に、G-Stationの利用による「エコドライブ」の推進を図るとともに、Wi-Fiスポットからは、そこに行かないと得られないお得情報の配信=「のとトクプロジェクト」を行う。

 

 

 

 

★のとトクビンゴアプリ

デジタルビンゴゲーム、背景画像合成カメラ機能などエンターテイメントは勿論、能登のお得な情報を得るおトクなアプリ。

ビンゴ当選者には抽選で能登4市4町の特産品をプレゼント。

 


            
    

★のとエコドライブ王

トヨタプリウスPHVによる能登エコドライブラリー。

走行距離と燃費を勘案して、順位を決る。優秀者には、「加賀屋ペア宿泊券」進呈。

 

       

 

★のとトクホームページ

4市4町の紹介、協力関係にある道の駅の紹介サイトもAMSシステムを導入し、制作。

最新情報のお知らせの更新や各コンテンツの充実を図り、連動した企画(のとエコドライブ王やビンゴアプリの情報)の発信をし、能登の観光誘客を促すポータルサイトとして運営。

 

 

 

 

トヨタレンタサービス石川、能登空港などと組んだ利用促進プログラムの継続。他地区への「G-Station」Wi-Fiスポットの広がりを受けて「のとトク」で得たノウハウを活かしたプロジェクトの立案、スマホアプリの販売(「かがトク」「山中温泉ぶらりトクめぐり」など。G-Stationプロジェクトに合わせて県外での展開も可能)

 

 

 

 

審査員 藤井 雅俊

 

 時代の移り変わりにより、「プロバイド」ビジネスの論理と、「プル」ビジネスの論理の狭間が、見えなくなり始めました。この理由は、「ユーザーが、選択肢やコミュニケーションの主体を、スマートフォンという高機能端末にて支配し始めたからです」。この顧客動向と、どのように向き合ってビジネスを考え、創り、継続していくかが「これから求められるビジネスソリューション」と「ビジネスイノベーション」になると考えられます。
 この、ある意味「コンテンツ」と「サービス」、そして「提供」と「情報の確保」という、双方向のビジネスを企画し得、尚、ユーザー行動目線にて「ビジネス組成」と「マーケティング組成」を考えられる知恵者が、世界中、どこにいようが成功の道へ名乗りを上げることが出来るようになると感じます。
 今回のモデルは、この各論を個々に作り上げ「トータルソリューション」として、ビジネスモデルになり得るか。までを、総合プロデュース出来る企業力や個人力を創成出来たと感じます。
 この先のビジネスの構築は、ますます「時限性」と「相応性」が求められると感じます。

 

 

 

 

〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館
Copyright(C) Ishikawa Sunrise Industries Creation Organization. All rights reserved