ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 石川県次世代産業育成講座「品質工学による研究開発のコスト低減と効率化」(2日間:2/20~2/21)

石川県次世代産業育成講座「品質工学による研究開発のコスト低減と効率化」(2日間:2/20~2/21)

印刷用ページを表示する更新日:2019年1月10日更新

講演会・研修会

開催日 2019年2月20日
開催時間 10時00分~17時00分(2日間とも)
開催場所 トライアルセンター第2研修室 (石川県工業試験場 5階:金沢市鞍月2丁目1番地)
主催者 (公財)石川県産業創出支援機構、協力:石川県工業試験場
料金 有料
2,000円(2日分、初日にご持参ください)
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

開催概要

※今回の講座は2月20日(水)と21日(木)の2日間です

石川県次世代産業育成講座・新技術セミナー
「品質工学による研究開発のコスト低減と効率化」(2日間)

次世代産業の技術開発では、様々な技術パラメータを試行錯誤的に組み合わせながら繰り返し開発実験を行うため多大なコストと時間を要しています。近年激しさを増す開発競争を勝ち抜くには、この試行錯誤的な作業を削減することが重要になります。その有効な手段として品質工学が注目され、今後の技術開発には必要なツールと考えられています。
本講座では、品質工学の概要説明とその特徴、さらに実際に品質工学を適用して成果を上げている成功事例を紹介するとともに、パラメータ設計の実習により理解を深めます。
多数ご参加下さいますようご案内申し上げます。
 
 日時
平成31年2月20日(水),21日(木)10時00分~17時00分(2日間)

 内容
1日目(2/20(水))

  • 品質工学の概要説明 :品質工学とは? パラメータ設計とは?
  • パラメータ設計の実習:「コマ」を用いた最適化実験

2日目(2/21(木))

  • 品質工学の実施事例 :様々な分野での成功事例を紹介
  • 個別テーマ発表と解説:受講者による個別テーマ発表と品質工学実践ノウハウを解説

 場所
トライアルセンター 第2研修室(石川県工業試験場 5階:金沢市鞍月2丁目1番地)

 講師
株式会社ノトアロイ 技術部   課長     林  憲一 氏
石川県工業試験場  機械金属部 主任研究員  舟田 義則 氏

 受講料
2,000円(2日分、初日にご持参ください)

 持参品
エクセル入力のノートパソコン、筆記用具

 定員
20名

 担当
石川県工業試験場 機械金属部 主任研究員 舟田義則

申し込み方法

備考欄の事項をFAXまたはEメールでお申し込みください

申込締切

平成31年2月13日(水)(定員になり次第締切ります)

備考

石川県次世代産業育成講座・新技術セミナー 受講申込
「品質工学による研究開発のコスト低減と効率化」(2日間)

日時 : 平成31年2月20日(水),21日(木)10時00分~17時00分(2日間)

場所 : トライアルセンター 第2研修室 (石川県工業試験場 5階:金沢市鞍月2丁目1番地)

申込メールは seminar@irii.jp


【会 社 名】

【住  所】〒

【受講者名】

【所属・役職】

【TEL】

【FAX】

【e-mail】

お問合せ

機関・企業名 (公財)石川県産業創出支援機構
部署
産業振興部
担当 次世代講座担当 中野
郵便番号 920-8203
住所 石川県金沢市鞍月2-1(石川県工業試験場 企画指導部内)
TEL 076-267-8081
FAX 076-267-8090
E-mail seminar@irii.jp