ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 第102回粟崎ビジネスサロン「組紐技術とプレス技術を組み合わせた軽くて強いモノづくり」

第102回粟崎ビジネスサロン「組紐技術とプレス技術を組み合わせた軽くて強いモノづくり」

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月1日更新

講演会・研修会

開催日 2020年7月16日
開催時間 18時30分から20時30分
開催場所 金沢市ものづくり会館(金沢市粟崎4丁目80番地1)
主催者 金沢市
料金 無料
関連URL
添付ファイル

添付ファイルを開く [PDFファイル/220KB]

開催概要

金沢市では、事業者または従事者の方に新たなビジネスチャンスと交流の場を提供することを目的として金沢市ものづくり会館を拠点とした異業種交流会を平成22年度から開催しております。
毎回、様々なジャンルの講師を迎え、講演会と参加される皆さま方の情報交換の場として、100回の開催を超える会となりました。
参加は無料ですので、ご興味のある方はどなたでもお気軽にご参加ください。

第102回粟崎ビジネスサロン
「組紐技術とプレス技術を組み合わせた軽くて強いモノづくり」

 講師
喜成 年泰 氏
(金沢大学 設計製造技術研究所・技術支援センター長)

 日時
令和2年7月16日(木) 18時30分~20時30分

 場所
金沢市ものづくり会館
(金沢市粟崎町4丁目80番地1)

 概要
モノづくりの種々の場面において機械構造部材軽量化のために炭素繊維複合材料(CFRP)の応用が望まれている。
しかし、現在実用されている熱硬化性CFRPは生産コストが大きく、例えば自動車への応用はごく一部の高級車に留まっている。
コスト削減のため熱可塑性樹脂を母材とするCFRP(CFRTP)の活用が模索されているが、まだ十分な性能を有するCFRTP製品の製法は確立されていない。
2019年6月に設立された金沢大学設計製造技術研究所においてはCFRTP製品の実用化を主要研究課題の1つとして掲げ、組紐技術を用いて予め熱可塑性樹脂フィルム上に開繊した炭素繊維を分散させたテープ(CFRTPテープ)を雄型(マンドレル)上に巻付けつつ交錯させ、パイプ状の中空素材を形成する製造方法を開発している。本講演ではその工程の概要について紹介する。

申し込み方法

FAX、Eメール等にてお名前・所属をお知らせください。

お問合せ

機関・企業名 金沢市
部署
商工業振興課(金沢市異業種研修会館)
担当
郵便番号 920-0377
住所 金沢市打木町東1400番地
TEL 076-240-1934
FAX 076-240-1903
E-mail minami_m@city.kanazawa.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)