ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 【受付終了】持続的成長への変化のチャンス!中小企業DX化&人材戦略セミナー<全3回>

【受付終了】持続的成長への変化のチャンス!中小企業DX化&人材戦略セミナー<全3回>

印刷用ページを表示する更新日:2021年12月15日更新

講演会・研修会

開催日 2022年2月22日
開催時間 13時30分~16時30分
開催場所 オンライン会議システム「Zoom」
主催者 公益財団法人石川県産業創出支援機構
料金 無料
関連URL
添付ファイル

チラシ「持続的成長へ変化のチャンス!中小企業DX化&人材戦略セミナー」 [PDFファイル/775KB]

開催概要

令和3年度 ウィズコロナで変化するISICO人材マネジメント塾

持続的成長へ変化のチャンス!中小企業DX化&人材戦略セミナー
~コスト削減から価値ある仕事に人材をシフトさせる志向へ~<全3回>

2021年9月にデジタル庁が創設、政府主導でDX(デジタル・トランスフォーメーション)化が本格始動しました。この大きな流れの中で、中小企業はDX化推進や、そのための人・組織をどうすればよいかを2人の専門家から訊きます!

 対象:石川県内中小企業の企業経営者、人事総務責任者・担当者を始め、社内ITやDX推進責任・担当者(候補)など​

 会場:オンライン会議システム「Zoom」
    ※受講用URLは別途メールにてお送りします。

 定員:30名

 受講料:無料

【第1回】いしかわ版!DX超入門~あいまいな理解で間違ったアプローチをしないために~​

溢れる情報の中で確実な第一歩を。そこで中小企業が知っておくべきDX知識を正しく学びます。

 日時:2022年 2月22日(火) 13時30分~16時30分

 講師:並木 将央(なみき まさお)氏
    株式会社ロードフロンティア 代表取締役
    
成熟社会経営コンサルタント 中小企業診断士 ITコーディネータ​

1975年生まれ。東京理科大学大学院の電気工学専攻博士前期課程修了、日本テキサス・インスツルメンツ、つくば研究開発センター研究員を経て、法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科を修了。2011年4月に株式会社ロードフロンティアを設立。成熟社会経営コンサルタントとして、経営と技術の両面の知識を持ち、人間観をも背景とした経営手法や理論の活用方法で幅広い分野の経営とビジネスのコンサルティングを実施。企業・自治体の研修や大学での教育事業も行っている。The Japan Timesの 「次世代を担う100人のCEO アジア2014」に選出。著書に「成熟社会のビジネスシフト」(総合法令出版) 「28歳の仕事術」(日経BP社)などがある。

【第2回】DX時代の人材戦略はこれが正解! ~人と組織はこうなる→こうする~

企業事例や最新動向も参考にして当てはめながら自社独自のDXと人と組織を具体的に、何をどうしたらいいか、手がかりとヒントをたくさん持ち帰っていただきます。

 日時:2022年 3月 2日(水) 13時30分~16時30分

 講師:石塚 毅(いしづか たけし)氏
    株式会社求人 代表取締役
    求人コンサルタント

1970年新潟県出身。 リクルート時代は2008年度の年間MVP受賞をはじめ表彰多数。キャリア23年。のべ7,000社、2万件の求人を担当し、4,000人以上の就職転職実績を持つ。求人ターゲット分析、プロファイリング力は高く評価され、人材採用に悩む企業や就職転職に悩む人材の心強い味方。ハローワーク活用など意表を突く独創的なアイデア創出でも知られている。独自の視点と情報源から連載、対談、情報発信を続けビジネス評論家としても活動している。Webサイトでは新時代の経営マガジンanote konote『さよなら採用ビジネス』を好評連載中。東京商工会議所ビジネスサポート専門家(人材採用) ・板橋区産業振興公社経営支援専門家(人材採用)

【第3回】活躍する人材はこうやって採用する!~人材採用はハロワ一択~​

人材採用って実は難しくないんです。前半で基礎・基本を学び、後半は意外と知らない無料のハローワークマル秘活用ノウハウを解説します。

 日時:2022年 3月 8日(火) 13時30分~16時30分

 講師:石塚 毅(いしづか たけし)氏

申し込み方法

※受付は終了しました。

申込締切

2月21日(月)

お問合せ

機関・企業名 公益財団法人石川県産業創出支援機構
部署
総務企画部 企画広報課
担当 矢部、瀬戸
郵便番号
住所
TEL 076-267-1239
FAX 076-268-1322
E-mail jinzai@isico.or.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)