ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > ITビジネスマッチング  魅力的なIT製品創出プロジェクト2020(全5回:R2年6月22日~R2年8月25日)

ITビジネスマッチング  魅力的なIT製品創出プロジェクト2020(全5回:R2年6月22日~R2年8月25日)

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月6日更新

講演会・研修会

開催日 2020年7月22日
開催時間 14時00分~17時00分
開催場所 テレビ会議システム(ZOOM)
主催者 (公財)石川県産業創出支援機構
料金 無料
関連URL
添付ファイル

魅力的なIT製品創出プロジェクト参加申込書 [Wordファイル/23KB]

開催概要

魅力的なIT製品創出支援プロジェクト2020

gaiyou 今はコロナウイルスで大変な状況ですが、このコロナウイルス後に変わる新たな未来を考えている人がいます。在宅勤務でのテレビ会議やリモートアクセスなど、仕事のやり方が大幅に変わっており、今までとは違う新しい未来が始まるかもしれません。

このコロナ後の時代を見据えて、新たな商品・サービスの開発を戦略的に進めることは、新規顧客開拓や顧客シェア向上のために有効な手立てとなります。

講演会と研修会では、商品開発の目的を理解するとともに、商品開発の中で重要となる視点や、一連の流れをケーススタディから学びます。さらに市場分析からアイディア発想、商品コンセプトの作成、最後に開発プロジェクトの計画づくりを行います。

講師の紹介

日野氏日野眞明氏(MORE経営コンサルティング株式会社代表取締役、名古屋商科大学大学院客員教授)
中央大学経済部国際科 卒業後、株式会社イトーヨーカ堂を経て名古屋商科大学大学院経営情報研究科を修了しMBA取得。1992年に経営コンサルタントとして独立、現在に至る。
イトーヨーカ堂勤務時の経験を活かした「商いの心構え」「顧客満足の実践」「マーケティング戦略進め方」等をテーマに、企業へのコンサルティング活動や講演・セミナー講師として活躍中。“実践的”でわかりすいプレゼンテーションは全国で高い支持を得ています。


青山氏青山 直継氏(株式会社インターネットイニシアティブ)
金融システム事業部 部長

事業内容:
インターネット接続サービス、WANサービスおよびネットワーク関連サービスの提供、ネットワーク・システムの構築・運用保守、通信機器の開発及び販売​


三浦氏三浦 仁氏(日本ユニシス株式会社)
​総合技術研究所 上席研究員

事業内容:
クラウドやアウトソーシングなどのサービスビジネス、コンピュータシステムやネットワークシステムの販売・賃貸、ソフトウェアの開発・販売および各種システム関連サービス​

スケジュールと概要

魅力的なIT製品を創出するために、ワークショップ形式での「新製品創出プロジェクト」を計5回実施します。
商品開発の目的を理解するとともに、商品開発の中で重要となる視点や、一連の流れをケーススタディなどから学びます。さらに市場分析からアイディア発想、商品コンセプトの作成、最後に新商品企画書づくりまで行います。

【1回目:R2年6月22日(月)】終了しました

キックオフセミナー

テーマ:コロナ後の新しい製品を考えませんか ~デジタル変革で新製品を創ろう~

講師:日野眞明氏(MORE経営コンサルティング株式会社代表取締役、名古屋商科大学大学院客員教授)

講演内容:いま中小企業(ユーザー)が直面している課題は何でしょうか

  1. コロナの影響で売り上げが下がったままである
  2. 売り上げを上げても会社の利益が上がらない
  3. 固定費が減らせないので利益を圧迫している
  4. 労働時間が長くて忙しいが賃上げできず、良い従業員が集まらない
  5. せっかく良い人材を採用しても定着しない

なぜ、デジタル変革(トランスフォーメーション)なのか

などを詳しく解説します。

【2回目:R2年7月22日(水)】

新製品の開発手法を学ぶ

講師:日野眞明氏​

商品開発の全体像
購買プロセスから見るマーケティング
新商品を考える​

​【3回目:R2年7月29日(水)】

アイディアから戦略へ

講師:日野眞明氏

​商品開発のプロセス
コンセプトと新商品戦略書の作成
ケースを用いた新商品戦略を考える

​【4回目:R2年8月4日(火)】

企画書へのステップアップ

講師:日野眞明氏

コンセプトと新商品企画書の発表

​【5回目:R2年8月25日(火)】

企画書での最終プレゼン

講師:日野眞明氏

青山 直継氏(株式会社インターネットイニシアティブ)

三浦 仁氏(日本ユニシス株式会社)

自社の独自新商品の企画書発表(各社の個別発表となります)

御社の商品コンセプトと戦略書から作られた新商品企画書を用いて、実際の販売先に提案する形式でプレゼンをしていただきます。売れる商品になるか、ITで多くの知見を持つ専門家(首都圏大手IT企業)から評価していただきます。

申し込み方法

新たなチャレンジで「魅力的なIT新製品」開発を考えている企業に対して、マーケティングから開発手法まで学び、商品化することを目的にしております。

参加企業は、少数精鋭で計画しております。
お申込は、アイディア記載を必須とさせていただき、ご希望が多い場合は、講師と相談して企業選定いたします。

なお、最終回までの連続参加が途切れないようにお願いします。
お申込内容で、分からないことは個別に対応します。

以下の参加申込書にご記入の上 k.koshida@isico.or.jp までお送りください。

締め切りは、7月17日(金)17時です。

魅力的なIT製品創出プロジェクト参加申込書 [Wordファイル/23KB]

申込締切

2020年7月17日17時まで

お問合せ

機関・企業名 (公財)石川県産業創出支援機構
部署
産業振興部
担当 越田、山崎
郵便番号 920-8203
住所 石川県金沢市鞍月2-20
TEL 076-267-1001
FAX 076-268-4911
E-mail k.koshida@isico.or.jp