ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 活性化ファンド商品開発ストーリー集 > メニュー > 食品 > まんでいっぱいある能登の地の食材をイタリアンに ~イル・ピアット・ハタダ

いしかわ産業化資源活用推進ファンド事例集ViVOサイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

いしかわ商品カタログサイトへのリンク

店ナビいしかわサイトへのリンク


まんでいっぱいある能登の地の食材をイタリアンに ~イル・ピアット・ハタダ

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月11日更新

まんでとまと

まんでいっぱいある能登の地の食材をイタリアンに

 <22年度活性化ファンド採択事業>

事 業 名    

能登の産物でイタリア料理。野菜、肉、魚介類で無添加パスタソース等の開発、シリーズ化と販路開拓。

キャッチコピー

まんで美味い、『まんで とまと』 食べてみまっしま!!

『まんで とまと』開発の背景

金沢市内のレストランで修業を積み、実家のある能登で念願のイタリアレストランをオープンした畑田シェフは、能登にまんでいっぱいある野菜・肉・魚介といった地物食材に惚れ込み、日々の料理の食材として積極的に取り入れてきている。オープンから3年目を迎えようとした頃、常連客から「美味しいトマトソースを自宅でも使いたいから分けて欲しい」と頼まれたのがきっかけで、オリジナルソースの店頭販売を始める。そのソースの評判が口コミで広がり、地元スーパーの「どんたく」全店舗に置かれるようになり、さらに金沢の百貨店「名鉄エムザ」からも商談が舞い込み、昨年12月から販売がスタート。そんな状況下にあって、地元の食材を使ったソースを本格展開するにあたり、石川県産業化資源活用推進ファンドの認定を受け、それを活用して従来までの簡易的なパッケージを全面的に見直し、デザイナーの手による新たなパッケージデザインを作成する。今回のパッケージ変更に合わせ、従来まで『まんで美味いトマトソース』としていたネーミングを『まんで とまと』に改名、本格販売に向けての準備が整った。

商品写真1

こだわり 

何よりも地元を贔屓にし、地元の食材を大切にしたいとこれまで取り組んできた畑田シェフ。能登豚はもちろんのこと、魚介類もその日の朝に水揚げされた近海の地物にこだわっている。野菜も能登の大地で農家が丹誠込めて育てた地物のこだわり野菜を使っている。当初は、地元農家に依頼して栽培してもらったフレッシュトマトを缶詰の水煮トマトに混ぜて使い、それに能登島のスギヨファームとカキタファームで栽培された、にんじんやタマネギなどの香味野菜を加え、化学調味料や保存料等を一切使用しないオリジナルトマトソースを作り上げていたが、地元スーパーでの販売がスタートしたことで販売数量が増え、契約農家でのトマトの栽培が追いつかなくなり、現在は水煮トマトのみを使用している。原料となるトマトを全てフレッシュにすると1瓶あたり1,000~2,000円と高価なものになるのと、夏しか収穫できないことから、缶詰トマトを使用することで価格を抑え、その分、地元産の香味野菜がスパイスの役割を果たしている。 

まんでとまと

 ◇新規性

自らのレストランで使っているソースを店頭販売する試みは、能登地域では新しい取り組みであると同時に、同店にとって新たな収益の柱に育つことが期待される。今回のトマトソースに限らず、同店のメニューを見ても、地元産の肉・魚介・野菜にこだわった料理を提供することに力を注いでおり、ワインも地元の能登ワインを揃えるなど、全てにおいて地元である能登贔屓の姿勢を前面に打ち出した商いに力を注いでいる。「能登はまんで美味い食材の宝庫で、料理人にとってこんな素晴らしいところはなかなかありません」と満面の笑みで語る。

イル・ピアット・ハタダ

 ◇課題と方向性

昨年12月のスーパー等での販売がスタートしてから3カ月あまり、既に700本あまりを出荷している。畑田シェフが店の営業と同時並行して一人で全て製造しているため、現状では1カ月に500~600本が限界とのことで、今後注文がさらに増えた場合の製造体制が当面の課題になりそうだ。現在は、トマトソースに全力を傾けているが、今後のシリーズ化に向けて、能登豚を使ったミートソースの試作をスタートさせ、賞味期限を見極める試験中とのこと。そのさらなる先はまだ構想の段階であるが、魚介を使ったパスタソースを思い描いている。宅配便の運賃を販売価格にどう転嫁するか、購入ロットによる卸価格の設定など、早急に決めなければならない問題に直面している。本来であれば、オリジナル商品を作ってみたものの販路がないと悩むケースが多い中で、同店の場合はあちこちから扱いたいとの声が掛かり、その対応に追われるという嬉しい悲鳴を上げている。地元の方言である「まんで」と商品の「とまと」をくっつけただけの単純なネーミングではあるが、そのシンプルさが商品の魅力をより引き立てているように感じられる。今後、オリジナルソースがシリーズ化され、能登ワインや自家製オードブルなどをセットにした『まんで美味いハタダセット』が通販される日もそう遠くないかもしれない。

畑田代表の写真

発注単位    1本より(名鉄エムザ、どんたく全店舗にて購入可)
             業務用は応相談

希望小売価格  1本800円(税抜き)

​◇賞味期限    3カ月(常温保存)

配送方法    宅配便(送料別途)

返品対応    不良品のみ送料当社負担で対応

事業所名    イル・ピアット・ハタダ

          七尾市小島町大開地1-5

          TEL0767-58-3636

          URL http://mandetomato.com/

担当者     畑田 寛 代表