ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 活性化ファンド商品開発ストーリー集 > メニュー > 食品 > 能登産天然ワカメの美味しさを手軽に味わえるスナックを開発 ~(株)しら井

いしかわ産業化資源活用推進ファンド事例集ViVOサイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

いしかわ商品カタログサイトへのリンク

店ナビいしかわサイトへのリンク


能登産天然ワカメの美味しさを手軽に味わえるスナックを開発 ~(株)しら井

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月15日更新

能登の食べる海藻図鑑 能登の食べる海藻図鑑

能登産天然ワカメの美味しさを手軽に味わえるスナックを開発

<平成23年度活性化ファンド採択事業>

事業名

 海女採り海藻の能登里海スナックの商品開発と販促

商品名

 『能登の食べる海藻図鑑』

キャッチコピー

 新食感!これ ほんま ワカメ!!

sirai  sirai

開発の経緯

地球温暖化の影響で、輪島沖の七ツ島や舳倉島周辺の海でカジメの収穫量が激減。それに伴いカジメを餌とするアワビやサザエの収穫量が10年前に比べると激減している。現在、素潜りでアワビやサザエを採って生計を立てている輪島の海女さんは200名あまりいるが、厳しい状況に直面し、これまで採らなかった天然ワカメを収穫するようになった。

そんな状況に危機感を抱いた(株)しら井の白井洋子専務は、素潜り漁を維持する一助に、海女さんが収穫した天然ワカメやメカブ等を漁協から毎年一定量買い上げて支援している。しかしながら、現在の食生活の中で、ワカメの酢の物や味噌汁がどれだけ食されているかとなると寂しい限り。

そこで、「ワカメをもっと身近に感じ、子供たちに美味しいワカメをおやつ感覚で食べてもらいたい」との一心で試作を始めたのが、この商品開発の原点である。

茎わかめ  めかぶ

商品化の苦労

子供たちにワカメを手軽に食べてもらいたいと考えた時、スナック菓子にするのが一番と考えた。そうなると、加工方法が課題で、自社でいろいろ試行錯誤したものの商品化にはほど遠い状況が続いた。そんな折、いしかわ産業化資源活用推進ファンドの存在を知り、県関係機関のアドバイスを得て乾燥を専門とする業者を紹介してもらう。

まず常温除湿乾燥機を使ってワカメを乾燥させてみたが、天日干しと何ら変わらない仕上がりで、乾燥に24時間もかかることから断念。次に、県工業試験場から静岡県にマイクロ電磁波乾燥機を開発している会社があることを教えられ、これを使えば3時間程度で乾燥できると聞き、早速ワカメを送って試作を依頼するが、残念ながら現段階ではまだ思うような仕上がりが実現していない。

そんな中で、白井専務が目指している食感を唯一実現することができたのが特殊な技術を用いた乾燥法である。ただこの加工には高価な機械を使用するため、加工コストが非常に高くつき、販売価格も想定外の高い価格になるのが難点。さらに、10kgの天然ワカメの茎を特殊乾燥させると10分の1の1kgに激減するのも頭が痛いところ。

sirai

こだわり

輪島沖の七ツ島周辺海域で海女さんが素潜りで収穫する天然ワカメを使用することが絶対条件。海藻をお菓子にするとなると、誰もが粉末にして素材の中に混ぜるという発想になる。しかし、それではワカメか何なのか全く分からなくなり、白井専務の思いとかけ離れてしまう。 

とにかく素材そのものの美味しさと形を崩すことなく、商品化することにこだわった。パッケージへのこだわりも並々ならぬものがあり、白井専務の海藻への思い入れが伝わってくるデザインだ。

『能登の食べる海藻図鑑』というネーミングもあって、能登で採れるワカメをはじめアカモク、ホンダワラなど海藻おしばが包装紙に散りばめられ、裏面には海藻の名称が記されていて、海藻の勉強ができる。さらに、裏面に印刷されている展開図を線に沿って切り取ると、鮮やかな海藻模様のポチ袋が2枚作れるという優れもの。

sirai

希望小売価格

 1箱 1,575円(税込)

販売方法

七尾市にある本店と金沢市東山にある金沢店において店頭販売している。要望があれば宅配便(送料別途)での発送にも対応している。

今後の方向性

能登半島七ツ島沖で海女さんが素潜りで収穫した天然ワカメを無着色・無添加、特殊乾燥製法で元の形を残した状態でスナック菓子に仕上げた商品だけに、この製法でしか出し得ない独特の楽しい食感は一度食べてみる価値ありの一品だ。

なおかつ、安全で、安心で、身体にいいことは言うまでもない。ただ、いくらいい商品でも、この価格のワカメスナックを購入する人がどれだけいるかとなると非常に厳しいのが現実だ。ネックになっている加工コストの低減に鋭意努力を続けているところであり、今後も少しでも安く加工ができる製法がないか、情報収集に努めると共に、「能登の海で海女さんが素潜りで収穫する海藻の美味しさ、からだにとてもいい食べ物であることを少しでも多くの人に知っていただき、食べていただけるよう日々の商いを通して発信し続けていきたい」と、白井専務は力を込める。『能登の食べる海藻図鑑』をそのきっかけづくりの商品として邁進してもらいたい。

sirai  白井洋子専務

                     白井洋子専務

会社概要

 ・商 号   (株)しら井

 ・住 所   七尾市一本杉町100番地

 ・TEL   (0767)53-0589

 ・FAX   (0767)53-3899

 ・URL   http://konbuya-shirai.com/index.html