ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人材確保・育成 > 2019年度 石川県次世代産業育成講座・新技術セミナー 年間スケジュール(予定)

2019年度 石川県次世代産業育成講座・新技術セミナー 年間スケジュール(予定)

印刷用ページを表示する更新日:2019年11月7日更新

※ 講師の都合により変更することがあります

次世代型産業等のモノづくり基盤技術の育成に関するもの

機械/金属  ・電子/情報  ・繊維/生活  ・化学/食品/九谷  ・革新材料

《機械/金属》 11講座11日

6月X線回折による軸受部品の損傷評価技術
7月材料開発における機械学習の活用
8月3D金属積層造形の最新動向 ~レーザDEDによる細書・異種材精密造形の取り組み~
9月音質の評価技術と改善事例の紹介
10月生産機械における機械学習と最適化の応用事例
11月塑性加工におけるシミュレーションの活用~金型損傷の予測・診断技術の紹介~
製品開発に役立つ流体解析技術
金属の腐食損傷メカニズムと信頼性確保に向けた対処法・防止法
12月作業ニーズから生まれたロボットや自動化支援装置とその要素技術
・金属3Dプリンタによる部品製造への展開
2月・AI/IoT時代の品質工学

《電子/情報》 12講座12日

6月IPCに基づいた小型電子部品実装の信頼性確保
8月気象庁データの再エネ発電への利活用 ~再エネ発電は気象観測データ利用でまだまだ導入できる~
9月回路動作を視覚化できる電子回路シミュレーター
モータ制御におけるインバータの役割と開発動向
10月自家消費型再生可能エネルギー時代における畜エネ技術の動向
Neural Network Consoleを用いたAI機能の簡単開発 ~プログラミングなしでAI機能を開発する~
11月つながる無線LAN製品実現のための送信&受信評価技術
回路-電磁界(SI/PI/EMI)シミュレーション技術の展開と将来像
・インバータによるモータ制御技術と今後の動向
12月令和元年度 東大先端研連携セミナー AI技術の最新動向と製造業における活用
・IoT社会に向けたセンサ開発に関する印刷技術利用の現状と課題
1月・IoTにおける無線モジュールの低消費電力化と使用する際の指針

《繊維/生活》 11講座11日

7月繊維産業における伝統産業と最新技術の融合が生み出す新たな価値
10月「スマートテキスタイルシリーズ」~中小企業におけるスマートテキスタイル用先端材料開発~
“漆黒”をめぐる東西の温故知新(山中)
11月自由な曲面形状を手軽に作る3D技術~3DCADソフト「Fusion360」の使い方 自由曲面編~
木材用塗料の技術動向と事例
・環境対応型の繊維機能加工剤
12月プラスチック材料の信頼性・耐久性評価
「スマートテキスタイルシリーズ」~スマートテキスタイルにおけるセンサ機能の実現とその応用の可能性~
1月・「スマートテキスタイルシリーズ」 ~IoT/スマートテキスタイルを支援する技術~
2月・生分解性プラスチックの開発動向 ~次世代に求められる材料特性とは~
・人にやさしいモノづくりのための製品開発プロセス

《化学/食品/九谷》 10講座10日

6月和菓子と器の色合わせから学ぶ食空間スタイリング(九谷)
これからの地域産業におけるデザインの役割(能登空港)
8月清酒醸造技術者のための微生物管理技術
9月最新のめっき技術とその応用 ~湿式めっきの基礎から最新動向まで~
最近の酒造技術、酒造業界の動向と今後の展望
10月食品製造業の生産性向上 ~食品工場における生産・工程管理の基礎~
現場で役立つ!測定データの見方・考え方~品質管理における金属材料等の成分確認の基礎と応用~
11月植物工場の最前線と展望 ~県内大学の取り組み~
1月・高齢化社会で求められる食品開発
2月・機能性表示対応素材の最前線 ~最新機能性研究から食品への応用~

《革新材料(炭素繊維等)》 4講座4日

6月高機能・高性能樹脂材料の最新技術動向
9月安全保障貿易管理 ~国外共同研究や取引での管理の仕方~
10月セルロースナノファイバーの応用技術と最新の技術動向
12月欧米における炭素繊維複合材料の最新技術動向

次世代センター等のものづくり機器や開放試験機器の活用の促進に関するもの

4講座4日

7月食品の異臭クレームと官能評価
赤外分光光度法の最新動向と活用技術
8月高温マイクロビッカース硬度計の特徴と構造
2・熱分析の基礎と無機材料における応用事例


◎お問い合わせ
公益財団法人 石川県産業創出支援機構 
産業振興部 次世代講座担当(中野、竹内)

〒920-8203 金沢市鞍月2丁目1番地石川県工業試験場 1階 企画指導部内
TEL 076-267-8081  FAX 076-267-8090  e-mail:seminar@irii.jp