ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 再生支援 > 詳細メニュー > 事例紹介・活動状況 > 再生支援室 - 事例紹介・活動状況

再生支援室 - 事例紹介・活動状況

印刷用ページを表示する更新日:2019年10月10日更新

青い鳥事例紹介・活動状況

協議会の再生事例と活動状況を紹介します。

事例紹介

以下のような再生事例があります。

1.金融機関のリスケジュール

金融機関のリスケジュール

2.第二会社方式(※)による再生計画

第二会社方式による事例紹介

活動状況(発足から平成30年度まで)

1.窓口相談及び再生計画策定支援件数の推移

発足から平成30年度までの窓口相談件数と計画策定支援完了件数の推移を累計で示す。

取引金融機関と連携したした「金融機関のリスケジュール」を完了の出口とした簡易型支援

スキームが登場した平成24年度より窓口相談件数と計画策定支援件数が大きく伸びている。

窓口相談及び再生計画策定支援件数の推移

2.窓口相談への相談持込者の年度推移

窓口相談への相談持込者の年度別推移を示す。

メイン金融機関からの持込がほとんどであるが、近年は企業本人からの持込が増えつつある。

窓口相談への相談持込者の年度推移

3.持込金融機関の年度推移

持込金融機関の年度別推移を示す。

地方銀行からの持込が圧倒的に多い中、近年は信用金庫からの持込が地方銀行の持込を上回っている。

持込金融機関の年度推移

活動状況(令和元年9月30日最新情報)

1.中小企業庁より平成30年度の中小企業再生支援協議会業務に関する事業評価報告書が公表されました

産業競争力強化法の規定により、独立行政法人中小企業基盤整備機構は、経済産業
大臣の認定を受けた全国47の認定支援機関が実施した中小企業再生支援業務を
評価し、その結果を経済産業大臣に報告することになっています。
当協議会は下記の事業評価を受けABCD評価のうちB評価を受けました。

「1次対応件数、2次完了件数は前年度実績を上回ったものの、抜本完了件数が
前年度実績4件から2件、経営者保証ガイドライン対応件数が前年度実績8件から
2件と減少したため、前年度に引き続きB評価となった。地域金融機関との関係は
良好に保たれており、出張相談会の開催など相談の掘り起こしに向けた積極的な
取り組みを行うなど、安定した事業運営がなされている。」

この評価を真摯に受け止め今後も丁寧できめ細やかな支援に努めていきたいと
思います。

○平成30年度に認定支援機関が実施した中小企業再生支援業務に関する事業
   評価報告書
    https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/saisei/2019/190930saisei.pdf

2.31年度第一四半期の活動状況が公表されました

○9月30日中小企業庁より中小企業再生支援協議会の4月~6月までの活動状況が公表されました。

  https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/saisei/kyougikai/201901.htm

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)