ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 石川新情報書府 > メニュー > コンセプト > 石川新情報書府コンセプト

石川新情報書府コンセプト

印刷用ページを表示する更新日:2015年5月25日更新

公募するテーマ(H27年度)

石川の食文化​

事業の目的

スマートフォンやタブレット端末にも対応した映像を制作し、インターネット配信や海外イベントでの利用などにより、石川の食文化などの情報発信の強化、並びに本県への誘客促進を図るとともに、県内コンテンツ産業の活性化を支援する。

公募の内容

1.事業概要

北陸新幹線が開業するなど、石川県の魅力を広くPRする絶好のタイミングであることから、県内中小企業等において、本県の地域資源の魅力を情報発信する映像コンテンツを制作するとともに、その映像をSNS等の新しいツールなどの活用により多くの人に見てもらうために拡散させること等を実施することで、今後の企業活動に活かされるような取り組みに対して、公益財団法人石川県産業創出支援機構(以下、「支援機構」という。)が支援する。

(1)テーマ

石川の食文化(食、食材、器、酒、発酵食、加賀料理、豊作豊漁を願う祭りなど食にまつわるすべてのもの)

(2)事業内容

映像「いしかわの食文化の魅力(仮称)」の制作
予備知識の無い観覧者にも興味を促し、石川県の食文化の魅力を伝えるとともに、石川県へ行ってみたいと思わせるような内容の映像とする。
特に、海外の人でも石川の食文化及びその文化的な背景が理解可能であり、興味・関心が得られる映像とする。

(3)映像コンテンツ制作に関する要件

  1. デジタルハイビジョン映像
  2. インターネット上で配信可能であるとともに、閲覧については、PCのほか、スマートフォンやタブレット端末でも、良好に視聴できること。  
  3. 制作する映像コンテンツについては、15~30秒、3~5分、8~10分の3つのバージョンを制作すること。
    なお、ロケ地について、どこの場所か分かるように、テロップを入れること。
    ・15秒~30秒:ショートバージョン
    ※主に、ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどで利用するもの
    ・3~5分:ミドルバージョン
    ※主に、イベント等で利用するもの
    ・8~10分:ロングバージョン
    ※映像アーカイブとして、保存・公開するもの
  4. 書府事業の取り組みについて、広く情報発信する工夫を行うこと。
    例1
    過去の書府作品の一部を活用するなど。なお、過去に制作された書府の映像を活用する際はデジタルリマスターを行うこと。また、過去の書府作品を利用する場合には、該当する箇所がわかるように映像にテロップなどを入れること。
    ※活用する過去の書府の映像コンテンツについては、平成8年度~平成18年度までのものとし、著作権者と権利関係について調整を申請者が行ったうえで、その素材を一部活用すること。
    例2
    過去の書府事業をPRする映像を制作し、映像中に挿入する。
  5. 制作する映像は、日本語版、英語版(ネイティブによるナレーション入り)の2バージョンを用意すること。
  6. 制作した映像の流通
    作成した映像については、Facebookなどソーシャル・ネットワーキング・サービスなどにより、ネット上で広くシェアされるような取り組みを行うといった、映像が広く拡散するための仕組みを提示すること。
    また、映像コンテンツについては、上記要件などを念頭に置き、具体的な映像を流す場所、方法及び誰がどのように映像を流すかなどを想定して制作するとともに、制作された映像の活用方法を提案すること。
    制作した映像の流通については、当該年度だけでなく、平成28年度以降においても継続して取り組みが行えるようにすること。

2 . 対象者

石川県内に本社を置く中小企業(※注)
(複数の事業者によるコンソーシアムを形成して申請することも可。
ただし、その場合のコンソーシアムの構成員は石川県内に事業所を有する企業とする(大企業でも可能)。
また、申請代表者は石川県内に本社を置く中小企業とする。コンソーシアム構成員は全て、事業の推進に共同で責任を持つが、代表企業は、事業の経理、事業の進捗及び事業内容の品質について代表的責任を持つものとする。)

(※注)中小企業者の定義(中小企業基本法第2条)
業種:従業員規模・資本金規模
製造業・その他の業種:300人以下または3億円以下
卸売業:100人以下または1億円以下
小売業:50人以下または5,000万円以下
サービス業:100人以下または5,000万円以下

3. 選定方法

(1)審査会の実施

映像コンテンツ制作の専門家等により構成する審査会において応募案件を審査し、採択案件を決定する。なお、審査会において、応募者によるプレゼンテーションを実施する予定である(詳細は応募者に別途通知する)。なお、審査会の意見を踏まえ、採択された提案内容については、一部修正・変更する場合がある。

(2)審査基準

 企画提案内容

  • 石川県の有する地域資源の魅力を発信するのに優れた企画内容となっているか。
  • 本県を効果的に PRする創意工夫が見られるか。また、首都圏などを意識した国内向けPR、または、インバウンドを意識した海外向けPRのための演出に創意工夫が見られるか。
  • 書府事業の取り組みを広く情報発信するような企画内容となっているか。
  • 映像を流す場所、方法及び誰がどのように映像を流すかなどについて、具体的で実現可能性があるか。
  • 制作された映像の流通・拡散方法が具体的で適切であるかどうか。

 構成・台本・演出

  • 映像の構成は、過不足や無理のない時間配分・内容であり、適当であるか。
  • PCやタブレット端末、スマートフォンでの閲覧を想定した作りとなっているか。

 業務実施体制

  • 企画内容と見積金額のバランスは適切か。
  • 質の高い映像作品を制作するための人員および機材が確保できているか。
  • 業務を円滑に実施するための実現可能なスケジュールが明確に組まれているか。

4. 応募方法

(1)提出期限

平成27年5月27日(水)17時までに(厳守)、必要書類を支援機構まで提出すること。
(FAX及び電子メールによる提出は不可)
平成27年度の募集は終了しました。

(2)提出書類

  1. 応募申請書(所定の様式による) ・・・原紙1部、コピー13部
  2. 企画書(様式任意) ・・・・・・・・・ 14部
  3. 申請者の会社概要 ・・・・・・・・・・ 1部
  4. 1.、2.の電子データ ・・・・・・・・・DVD 1枚

上記の書類を1つの封筒に入れ、「平成27年度 石川新情報書府推進事業申請書在中」と朱書きの上、提出すること。なお提出書類は返却しない。

応募申請書は、下記よりダウンロード(ワード形式)すること。
本公募の詳細については、下記の募集要領を参照すること。