ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 石川新情報書府 > 第5期 > 平成25年度採択事業 > 石川県の「朝」の美しさを時間の流れと共に表現

石川県の「朝」の美しさを時間の流れと共に表現

印刷用ページを表示する更新日:2014年12月12日更新

事業実例 平成25年度 新しい表現へのチャレンジ
​石川県の「朝」の美しさを時間の流れと共に表現 

concept コンセプト

石川の魅力を伝える動画「Good Morning ISHIKAWA」

member メンバー

株式会社アドマック
ドローイングアンドマニュアル株式会社 金沢支店
株式会社センド​​


北陸新幹線の開通により、新しい出会いと交流が生まれることへの期待や喜びを表現するなど、新しい石川の夜明けに挨拶するような映像を制作・配信することで、首都圏に石川県の魅力を伝える。

contents コンテンツ

石川県の冬の朝に着目したPR動画「Good Morning ISHIKAWA」​​

石川の美しい「朝」。
「朝」は新しい一日の始まり。
日の出とともに、無彩だった風景は美しく色づき始め、人々の新たな営みが始まる、
朝にはその瞬間がある。

イメージ画像

イメージ写真01​朝靄の中、雪帽子を被った白山から昇る太陽。
灰色の日本海をオレンジ色に染める雪雲から抜けた太陽。
それは石川の美しい冬の風景。

イメージ写真02​まだ暗い海へ船を出し、日の出とともに港に帰る男たち。
とれたての魚や野菜を手に、市場に彩りを添える笑顔の女たち。
それは石川の食を支える朝の光景。

イメージ写真03​冬の厳しい寒さの中、力強く暮らす人々を象徴する煙突の煙。
雪かきをするおじさんと小学生が交わすおはようの挨拶と白い息。
それは石川で暮らす人々の日常。

イメージ写真04冷たい雪解け水に友禅をさらす、消えかけた伝統を守る職人の頑な姿。
まだ誰もいない茶屋街でほうきを持つ着物姿の女性。
それは石川の伝統とおもてなし。

陰翳礼賛の日本人としての美意識の元、
石川の「朝」を、冬の朝の柔らかい逆光で撮影。
北陸新幹線が開通する。
新しい出会いと交流が生まれることへの期待や喜び。
新しい石川の夜明けに挨拶するような映像の企画となっている。

イメージ写真05

動画アイコン動画はこちらからご覧いただけます。