ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 石川新情報書府 > 第5期 > 平成26年度採択事業 > 石川の食文化の魅力を世界に伝える4K映像

石川の食文化の魅力を世界に伝える4K映像

印刷用ページを表示する更新日:2015年10月6日更新

事業実例 平成26年度 石川の食文化など
​石川の食文化の魅力を世界に伝える4K映像

concept コンセプト

食材・料理・器の手仕事をあじわい目線ともてなし目線で表現​

member メンバー

株式会社フィックス
株式会社電通西日本
株式会社電通​


石川県が誇る食材・料理・器。
一膳の料理に込められた手仕事の数々を、あじわう目線ともてなす目線の映像ストーリーで表現し、国内外に発信する。

contents コンテンツ

「あじわい目線、もてなし目線 TE-SHIGOTO ISHIKAWA」​

「食材」「料理」「器」それぞれの「TE-SHIGOTO(手仕事)」が石川の食文化を支えていることを表現。

一膳の料理に込められた「TE-SHIGOTO(手仕事)」の数々を、石川を代表する料理人や工芸作家の「もてなす目線」と、外国人女性の「あじわう目線」の映像ストーリーで表現し、見る人に自分も体験してみたいと思わせる疑似体験として印象づける。

また、映像は4Kで撮影編集。目線のアングルになる「Wearable 4K」カメラも使用し、料理人や工芸作家の「職人の技」を効果的に表現し、石川の食を高精細に描き出す。

「食材」「料理」「器」に分けるのではなく、ひとつの物語、流れとして表現。

イメージ画像

イメージ写真01​ 豊かな自然風土からもたらされる食材

イメージ写真02​ 4Kウェアラブルカメラで匠の卓越した技を目線映像で表現

イメージ写真03​ 極上の料理をあじわう目線の映像で、疑似体験を促す

イメージ写真04 金沢・加賀・能登を代表する料理人の繊細な技の数々

イメージ写真05​ 大樋焼・輪島塗・九谷焼の作家の貴重な手仕事映像

イメージ写真06​ 外国人女性が体験する物語で国内外に発信

動画アイコン動画はこちらからご覧いただけます。