ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 「新価値創造展2017」出展者募集(中小機構 締切:H29.7.24)

「新価値創造展2017」出展者募集(中小機構 締切:H29.7.24)

印刷用ページを表示する更新日:2017年6月8日更新

その他公募情報

実施機関 (独)中小企業基盤整備機構
公募期間 あり
公募開始:2017年5月29日 ~
公募終了:2017年7月24日
関連URL 関連URLを開く

概要

■新価値創造展とは

「新価値創造展」における新価値とは、革新的な製品・技術ばかりではありません。身近なところにある製品・技術・サービスにアイデアを加え、新たな価値として提供することが、企業の販路開拓で有用である例が多くあります。新価値創造展における効果的な販路開拓として、皆様の有する製品・技術・サービスの強みを活かし組み合わせることで、社会や産業が有する課題の解決に寄与すること、課題解決により新たな市場を開拓し発展することを目指します。

■新価値創造展2017のテーマ(出展対象分野)

「新価値創造展2017」では、最近注目されている3つのテーマ(出展対象分野)を設定し、展示会場をテーマ・カテゴリー毎にゾーニングしています。皆様の事業内容やマッチング希望内容に最も近いテーマをお選びいただくことで、来場者が出展者情報に迅速にアクセスでき、ビジネスマッチングを効率よく推進できるように考慮しています。

・Industry&Technology

 生産技術、新素材、IoT、ロボット

・Health&Welfare

 健康、予防、医療、介護

・Green&Comunity

 環境、防災、社会・地域課題

新価値創造展の出展メリット

1.異業種交流で新たな価値を発見できる
異業種が集まるビジネスマッチングの場だからこそ、各社の製品・技術・サービスの組み合わせで、思いもよらない新価値が生まれるきっかけとなり、事業拡大に繋がります。

2.企業の規模を超えた新しいものづくり
中小企業のものづくりや生産プロセスが、大手企業の商品企画や開発体制に影響を与え、企業の規模を越えた共創で新しいものづくりにチャレンジしています。

3.大手企業やバイヤーとの商談も可能
当たり前だと思っていた製品等の用途が意外な注目を集めることが少なくありません。大手企業やバイヤーとの商談を通じて、まったく新しい価値の開発につながった事例があります。

■開催概要
期間:2017年11月15日(水)~17日(金)
   10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト東7・8ホール
   (東京都江東区有明3-11-1)

出展企業:約500社(国内中小企業)(予定)

■出展対象

自らの製品・技術・サービスを保有する中小企業・ベンチャー企業であって、「新価値創造展2017」に自らの製品等を出展することでビジネスマッチングを希望する者。

備考

詳細につきましては、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 独立行政法人中小企業基盤整備機構
部署 新価値創造展 事務局
担当
郵便番号 106-0032
住所 東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木6F
TEL 03-5786-3170
FAX 03-4243-2549
E-mail