ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP ステージIII:NexTEP-Aタイプ(JST 締切:H30.3.30)

研究成果最適展開支援プログラム A-STEP ステージIII:NexTEP-Aタイプ(JST 締切:H30.3.30)

印刷用ページを表示する更新日:2017年4月10日更新

補助金・助成金

実施機関 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
公募期間 あり
公募開始:2017年3月31日 ~
公募終了:2018年3月30日
関連URL 関連URLを開く

概要

採択予定件数

若干数
※件数は課題提案の状況や予算により変動します。 

概要

大学等※1研究成果に基づくシーズ※2を用いた、企業等(以下「開発実施企業」という。)が行う開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援し、実用化を後押しすることで、大学等の研究成果の企業化を目指します。
開発期間終了後、開発成果を実施して売上等の収入が計上された場合、企業はJSTに成果実施の対価としての実施料を支払います。JSTは支払われた実施料からJST分を差し引き、シーズの所有者へ還元します。

※1:大学等とは、国公私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、公立試験研究機関、研究開発を行っている特殊法人、独立行政法人、国立研究開発法人、公益法人等(非課税の法人に限る)をいいます。
※2:シーズとは特許(出願中のものを含む)をいいます。

研究開発期間、研究開発費
原則、10年以下、原則、総額1億円以上15億円以下(間接経費を含む)

研究開発体制
開発実施企業で開発チームを組織し、企業化開発を行っていただきます。
JSTは開発実施企業に開発費(「研究開発費」について、NexTEP-Aタイプにおいては「開発費」と表します。以下同じ。)を支出し、プログラムオフィサー(PO)等による技術支援を行います。
本格的な実用化開発に先立ち、可能性の検証などを目的として行う小規模な試験(導入試験)を行うことも可能です。
企業化開発(経済的、技術的側面から企業的規模で実証的な試験を行い、問題点を検討し、企業等で使用できる実用技術とすること)の成果をもとに、実際の商業生産に用いる実用化を目指していただきます。
実用化開発の終了後、JSTは事後評価に基づき開発の成否を認定します。開発の結果が成功の場合には、開発費は無利子で返済していただきます。不成功の場合には、開発費の支出の10%分については返済を求めます。

備考

詳細につきましては、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 国立研究開発法人科学技術振興機構
部署 A-STEP 募集担当窓口
担当
郵便番号 102-0076
住所 東京都千代田区五番町7 K’s 五番町
TEL 03-6380-8140
FAX 03-5214-0017
E-mail