ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 平成30年度「我が国循環産業海外展開事業化促進業務」の公募(環境省 締切:H30.6.4)

平成30年度「我が国循環産業海外展開事業化促進業務」の公募(環境省 締切:H30.6.4)

印刷用ページを表示する更新日:2018年5月14日更新

補助金・助成金

実施機関 環境省
公募期間 あり
公募開始:2018年5月8日 ~
公募終了:2018年6月4日
関連URL 関連URLを開く

概要

アジアをはじめとした多くの国において、経済成長や人口増加に伴って、廃棄物の発生量の増加と質の多様化が生じてきている一方、廃棄物処理体制が未整備・未成熟であることから、廃棄物の不適正な処理に伴う環境汚染が懸念されています。一方、我が国の廃棄物処理・リサイクルを担う循環産業は先進的な技術を有しており、こうした我が国の循環産業を国際展開することができれば、世界規模で環境負荷の低減を実現するとともに、我が国経済の活性化にもつながります。

このため、環境省では、具体的に海外展開を計画している循環産業に係る事業について、その実現可能性調査等を実施するため、平成30年度「我が国循環産業海外展開事業化促進業務」(以下「事業化促進業務」という。)を実施することといたします。

我が国循環産業海外展開事業化促進業務

今後数年以内に、海外において、廃棄物等の処理に関するサービスを提供する事業または処理事業者等から委託を受け施設建設を行う事業に係る事業環境基礎調査等の実施。

事業の実施国

事業の実施国に制限はありませんが、事業の採択においては、我が国政府との間で二国間協力等を進めている国において実施する事業を優先的に採択します。

(二国間協力等の対象国の例)

  • 環境協力覚書の締結国:ベトナム、インドネシア、モンゴル、イラン、シンガポール
  • 二国間協力実施国(実施予定国を含む):ベトナム、インドネシア、フィリピン、タイ、マレーシア、ミャンマー、ブルネイ、クウェート、サウジアラビア、インド
  • JCMの二国間文書に署名済みの国(参照: https://www.carbon-markets.go.jp/jcm/index.html
  • アフリカきれいな街プラットフォーム加盟国

事業の内容

次の1.または2.に該当する事業であって、今後数年以内に事業開始を計画していること

  1. 海外において、廃棄物等の収集・運搬、中間処理、リサイクル、最終処分に関するサービスを提供する事業
  2. 海外において、1.の事業を実施する行政や事業者からの委託を受け、これに必要な施設を設置する事業

※ 技術供与のみの事業は対象としません。(廃棄物等の処理やリサイクルのサービスの提供またはこれに必要な施設設置を行わない事業は対象外です)

※「汚水処理」については、下水汚泥のメタン発酵処理など循環資源として取り扱うもの、し尿を含む生活排水処理を行うもの、主たる廃棄物処理・リサイクル事業の一部として付随して実施するものは対象事業に含まれますが、排水処理設備に特化したものは対象事業には含まれません。

備考

詳細につきましては、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 環境省
部署 環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室
担当
林、草場
郵便番号 100-8975
住所 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-5521-8336
FAX
E-mail