ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 平成31年度 「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」に係る公募(日本医療研究開発機構 締切:H31.4.11)

平成31年度 「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」に係る公募(日本医療研究開発機構 締切:H31.4.11)

印刷用ページを表示する更新日:2019年3月19日更新

補助金・助成金

実施機関 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
公募期間 あり
公募開始:2019年3月1日 ~
公募終了:2019年4月11日
関連URL 関連URLを開く

概要

ロボット介護機器 開発・標準化事業(開発補助事業)では、経済産業省と厚生労働省が連携して策定した重点分野について、介護現場のニーズに基づいて介護の質を向上し、自立を支援するロボット介護機器の開発補助を実施します。

今回公募対象となるロボット介護機器は、重点分野のうち、平成29年10月の改訂で追加された、移動支援(装着移動)、排泄支援(排泄予測、排泄動作支援)、見守り・コミュニケーション(コミュニケーション)、介護業務支援(業務支援)の4分野5項目のいずれかの機器です。

 公募研究課題名
​ロボット介護機器開発補助事業

 契約
補助

 研究開発費の規模
​1課題当たり年間
4,500~90,900千円※1程度
(間接経費を含まず※2)

※1:補助金額=補助対象額×補助率
大企業の補助率は1/2、中小企業の補助率は2/3

※2:間接経費比率は10%以下

 研究開発予定期間
​最長2年度
2019~2020年度

 採択課題数
​0~6課題程度

  • 公募内容の詳細については、関連URLに掲載の公募要領をご参照ください。
    公募予告の通り、連携体制について要件を記載しておりますのでご留意ください。
  • 公募対象機器については、関連URL下段資料欄に掲載されている「重点分野の定義(開発補助事業対象分のみ)」を合わせてご参照ください。
    なお、重点分野の項目によっては公募要領に補足説明がありますので、ご参照ください。

事業概要

ロボット介護機器開発・標準化事業では、我が国の新しいものづくり産業の創出に貢献することで健康長寿社会の実現に寄与することを目的としており、ロボット介護機器開発を支援する【開発補助事業】、各種基準等の開発・標準化を支援する【基準策定・標準化事業】、介護現場での効果測定を支援する【効果測定・評価事業】の3領域から構成されています。今回の公募は上記の開発補助事業です。
本事業は、平成25年度から経済産業省において開始され、平成27年度からAMEDに移管されて平成29年度に終了した「ロボット介護機器開発・導入促進事業」の後継事業であり、平成30年度から開始されています。

応募資格者

本事業の応募対象は企業(中小企業、大企業および技術研究組合)または、企業を代表機関とするチームとなります。

備考

詳細については、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
部署 産学連携部 医療機器研究課
担当
ロボット介護機器開発・標準化事業 担当
郵便番号 100-0004
住所 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル23
TEL 03-6870-2213
FAX
E-mail