ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 「新・ダイバーシティ経営企業100選」及び「100選プライム」の公募(経済産業省 締切:R1.9.9)

「新・ダイバーシティ経営企業100選」及び「100選プライム」の公募(経済産業省 締切:R1.9.9)

印刷用ページを表示する更新日:2019年7月18日更新

その他公募情報

実施機関 経済産業省
公募期間 あり
公募開始:2019年7月17日 ~
公募終了:2019年9月9日
関連URL 関連URLを開く

概要

経済のグローバル化や少子高齢化が進む中で、我が国の企業競争力の強化を図るためには、女性、外国人、高齢者、チャレンジド(障がい者)を含め、一人一人が多様な能力を最大限発揮して価値創造に参画していくダイバーシティ経営の推進が、必要かつ有効な戦略です。
ダイバーシティ経営に取り組む企業の裾野拡大を目的に、平成24年度から「新・ダイバーシティ経営企業100選」を実施し、これまでに250社を表彰、平成29年度からは過去の表彰企業を対象とする「100選プライム」を実施し、これまでに4社を選定しています。

「新・ダイバーシティ経営企業100選」について 

企業規模に関わらず、ダイバーシティ経営を実践し、成果を上げている企業が対象です。中小企業の応募もお待ちしております。

また、今後企業の更なる取組が期待される分野を重点テーマとして設定し、広く募集します。
今年度の重点テーマは、以下の4テーマです。

  1. 経営層への多様な人材の登用
  2. キャリアの多様性の推進
  3. マネジメントの在り方の改革
  4. 外国人・シニア・チャレンジドの活躍

これらの取組によって企業価値向上につながった事例について、積極的な応募をお待ちしております。

「100選プライム」について

過去に「ダイバーシティ経営企業100選」及び「新・ダイバーシティ経営企業100選」を受賞しており、中長期的な企業の付加価値を生み出し続ける企業経営(メカニズム)として「ダイバーシティ2.0行動ガイドライン 実践のための7つのアクション」(関連URLに掲載の別紙1、2)を実践している企業が対象です。なお、過去に受賞していない企業については、本年度の「新・ダイバーシティ経営企業100選」との同時エントリーも可能です。

備考

詳細につきましては、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 「令和元年度 新・ダイバーシティ経営企業100選/100選プライム」事務局
部署 EY新日本有限責任監査法人
担当
中山、貝(ベイ)、入山、池田
郵便番号
住所
TEL
FAX
E-mail diversity20@jp.ey.com