ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 【J-LOD補助金】第4弾「コンテンツのサプライチェーンの生産性向上に資するシステム開発を行う事業の支援」の追加公募(VIPO 締切:R2.8.14)

【J-LOD補助金】第4弾「コンテンツのサプライチェーンの生産性向上に資するシステム開発を行う事業の支援」の追加公募(VIPO 締切:R2.8.14)

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月23日更新

補助金・助成金

実施機関 特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
公募期間 あり
公募開始:2020年6月22日 ~
公募終了:2020年8月14日
関連URL 関連URLを開く

概要

【J-LOD補助金】「コンテンツグローバル需要創出促進・基盤整備事業費補助金」
第4弾「コンテンツのサプライチェーンの生産性向上に資するシステム開発を行う事業の支援」

今般の社会状況を鑑み、追加公募します!

本事業は、コンテンツの生産工程(流通工程を含む)の効率化に資するシステムの開発・実証を促進し、サプライチェーン全体の見地からコ ンテンツ製作の生産性向上を実現することで、コンテンツ産業が持続的に発展するエコシステムを構築することを目的としています。

対象となる事業

この補助金では、以下の1~4の要件をすべて満たした事業を対象としています

  1. コンテンツ制作工程・流通工程の効率化に資するシステム※の開発・実証であること
    ※製作に関与する者をつなぐ、以下の機能を有するITシステム
    ●スケジュール管理・共有
    ●予算・経理管理
    ●人材・労務管理
    ●中間素材等の管理・共有、作業連絡・指示等
    ●取引(受発注、権利処理等の契約)の処理
    ●人材登録・マッチング
  2. 汎用性があり、広範な制作現場に導入できるシステムであること
  3. 実証を行い、定量的、定性的なデータを報告すること
  4. 得られた成果について、広く発信を行うこと(実証を兼ねたものでも可)

補助金の上限・補助率

補助金の上限が、下記のように設定されています 

1社につき 5,000万円(補助対象額 10,000万円)
※あくまで上限であり、少額の案件についても同様に支援対象となります

 補助率
​この事業の補助率は対象経費の2分の1となっています。

備考

詳細については、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
部署 J-LOD補助金事務局
担当
郵便番号 104-0045
住所 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2F
TEL 03ー6264-1315
FAX
E-mail