ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 第56回(令和3年度)機械振興賞 受賞候補者募集(機械振興協会 締切:R3.5.31)

第56回(令和3年度)機械振興賞 受賞候補者募集(機械振興協会 締切:R3.5.31)

印刷用ページを表示する更新日:2021年4月13日更新

その他公募情報

実施機関 一般財団法人機械振興協会
公募期間 あり
公募開始:2021年4月1日 ~
公募終了:2021年5月31日
関連URL 関連URLを開く

概要

一般財団法人機械振興協会(会長 釡 和明 東京都港区芝公園3-5-8)では、優秀な研究開発を行い、その成果を実用化することによって、わが国機械産業技術の進歩発展に著しく寄与した企業・大学・研究機関(以下「企業等」という。)および研究開発担当者を表彰しており、令和3年度 第56回機械振興賞の受賞候補者を募集します。

表彰対象

研究開発

独創性、革新性および経済性に優れた機械産業技術に関わる研究開発およびその成果の実用化により、新製品の製造、製品の品質・性能の改善、または生産の合理化に顕著な業績をあげたと認められる企業等および研究開発担当者とします。
ただし、当該研究開発は、おおむね過去3年以内に完成したものに限ります。

支援活動

支援実績、支援効果及び継続性に優れた支援事業により、機械産業技術に関わる中小企業が優れた成果を上げたと認められる場合に、支援をした支援機関等及び支援担当者(一支援活動につき複数の支援担当者及び事情により当該企業等に属さない者も含む。)とします。
ただし、当該支援事業は、2年以上継続し、今後も継続が予定されているものに限ります。

表彰の方法

  1. 研究開発の応募から、特に優秀と認められるものについて経済産業大臣賞および中小企業庁長官賞の授与を申請するものとし、機械振興協会会長賞、小規模事業者を対象とした審査委員長特別賞および奨励賞に対し、会長名の賞状を贈呈します。

  2. 支援活動の応募から、優秀と認められるものについて、中小企業基盤整備機構理事長賞の授与を申請します。

  3. 経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞、中小企業基盤整備機構理事長賞、機械振興協会会長賞、審査委員長特別賞を受賞する企業等に対し、記念盾を贈呈します。

  4. 以下の賞を受賞する研究開発担当者に対し、賞金を贈呈します。賞金の額は、経済産業大臣賞は80万円、中小企業庁長官賞は50万円、機械振興協会会長賞および中小企業基盤整備機構理事長賞は30万円、審査委員長特別賞は20万円(研究開発担当者が複数である場合も、これらと同額)とします。

備考

詳細については、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 一般財団法人 機械振興協会
部署 産学官連携センター(東久留米) 連携業務課
担当
畠山 実
郵便番号
住所
TEL 042-475-1168
FAX 042-474-1980
E-mail