ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 令和3年度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金(トラック輸送の省エネ化推進事業)」の募集(経済産業省 締切:R3.8.6)

令和3年度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金(トラック輸送の省エネ化推進事業)」の募集(経済産業省 締切:R3.8.6)

印刷用ページを表示する更新日:2021年6月17日更新

補助金・助成金

実施機関 経済産業省
公募期間 1次公募:令和3年6月14日(月) ~6月25日(金)  2次公募:令和3年7月5日(月) ~7月16日(金)  3次公募:令和3年7月26日(月) ~8月6日(金)
公募開始:2021年6月14日 ~
公募終了:2021年8月6日
関連URL 関連URLを開く

概要

トラック事業者が単独で行う省エネ化の取組には限界があるため、トラック事業者と荷主等が連携して物流全体の効率化を図り、省エネ化を推進していく必要があります。
本事業では、車両動態管理システム、予約受付システム等、配車計画システム、及びAI・loTによるシステム連係ツールの導入に対する補助を実施し、当該システムを活用したトラック事業者と荷主等との連携による輸送の効率化の実証を行います。 

補助のポイント

補助対象

  1. トラック事業者への車両動態管理システムの導入・活用
  2. 荷主等への予約受付システム等(*)の導入・活用
    *予約受付システム等:予約受付システム、ASNシステム、受注情報事前確認システム、パレット等管理システム、パレタイズシステム
  3. トラック事業者、荷主等への配車計画システムの導入・活用
  4. AI・loTによるシステム連係ツールも対象(本年度より拡充)
    • 1~3のシステムと同時導入・連係するツールのみ補助対象(ツールの単独導入は不可)
    • AIツールの例 :自動積付計画システム、需要予測システム 等
      IoTツールの例:荷量情報管理機能システム 等
    • 補助金上限額は、同時に導入する1~3のシステムの補助金合計額の1/2まで

※支払方法についての注意:原則、導入費用は振込支払いのみ補助対象(現金払い不可)

実施内容

トラック事業者と荷主等が連携して輸送の効率化策 (省エネ化)を実施

実施成果

省エネルギー効果1%以上の達成が必要

備考

詳細については、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 パシフィックコンサルタンツ株式会社
部署 陸上輸送省エネ推進事業事務局
担当
郵便番号 101-0054
住所 東京都千代田区神田錦町3丁目18番地 寿ビル9F
TEL 03-6777-4015
FAX
E-mail supply_hojokin*03.pacific-hojo.jp(*を@に変えてください)