ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 令和4年度 共創型サービスIT連携支援補助金(経済産業省 締切:R4.9.9)

令和4年度 共創型サービスIT連携支援補助金(経済産業省 締切:R4.9.9)

印刷用ページを表示する更新日:2022年8月4日更新

補助金・助成金

実施機関 経済産業省
公募期間 2022年9月9日(金) 17時まで
公募開始:2022年8月3日 ~
公募終了:2022年9月9日
関連URL 関連URLを開く

概要

本事業は、ITツールを活用する中小ユーザ企業やITベンダ等がコンソーシアムを組成し、既存の複数のITツール間の連携機能の構築、あるいは機能の統廃合(以下「連携機能構築等」という。)をするための費用の一部を支援するものです。

補助対象者

本補助金の補助対象者は以下の条件を満たす、中小ユーザ企業またはITベンダです。

(1) 中小ユーザ企業
本事業で導入するITツールの利用者であり、かつ以下のいずれかに該当する中小企業等とします。ただし、本事業で連携機能構築等の対象とするITツールの提供者や本事業における設計・開発を行う事業者は除きます。
 
(2) ITベンダ
補助の対象となるITベンダは、本事業で連携対象とするITツールの設計・開発に係る許諾及び本事業で構築したITツールの著作権を有する事業者であることを条件とします。なお、単独のITベンダが上記の条件を全て満たさない場合であっても、コンソーシアム内のITベンダのいずれかがその条件を満たしていればよいものとします。ただし、API連携等を用い、連携先のITツールのITベンダがコンソーシアムに参加せずとも連携機能を構築でき、かつ想定している連携先において利用可能である場合は、上記の限りではありません。

補助率・補助額

 補助率

  1. ITベンダが全て中小企業等の場合:2/3 以内
  2. 上記以外の場合:1/2 以内 ​

 補助下限額・上限額​
​下限額:100万円
上限額※:4,400万円~1.1億円

※上限額については、コンソーシアムにおける中小ユーザ企業とITベンダの総和の事業者数に応じたものとします。具体的には、事業者数が4者の場合は4千4百万円を上限額として、以降1者増加する毎に補助上限額に1千百万円を増額し、10者以上の1.1億円を最大上限額とします。詳細は、関連URLをご覧ください。

備考

詳細については、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 令和4年度「共創型サービスIT連携支援事業」事務局
部署
担当
郵便番号
住所
TEL 090-9838-4543
FAX
E-mail it-renkei@tohmatsu.co.jp