ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 情報誌ISICO > メニュー > 情報誌検索 > iPhone 向けにアプリを開発 自社製品の売り上げを伸ばす 1

ViVOサイトへのリンク

活性化ファンド・チャレンジ支援ファンド商品開発ストーリー集サイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

DGnetサイトへのリンク


iPhone 向けにアプリを開発 自社製品の売り上げを伸ばす 1

印刷用ページを表示する更新日:2012年12月27日更新

明日へのチャレンジ

IT投資の減少、海外企業への開発委託の拡大などを背景に、県内の中小IT 企業にとっては「受託開発中心のビジネスからの脱却」が課題と言われる。そんな中、iPhoneやiPadといったスマートデバイス向けに開発したアプリをヒットさせ、自社製品の売り上げを伸ばしているのがエイブルコンピュータだ。「自分たちが作ったサービスを世に送り出したい」。そんな創業時の思いを胸に奮闘を続ける同社の姿に迫った。

ネット上のデータの整理、移動を便利に

  インターネット経由でソフトやシステムを提供するクラウドサービスが拡大している。中でも人気を集めているのが、パソコンで作成した文書やデジカメで撮影した写真をネット上に保存しておき、複数のパソコンやモバイル端末で利用できるようにした「Dropbox(ドロップボックス)」や「Evernote(エバーノート)」である。
「Ever2Drop」の使用イメージ とはいえ、こうしたサービスを使っていると文書や写真のファイルがたまってしまい、利用者からは「いざ見返すと何がどこにあるか分からず、目的の情報になかなかたどり着けない」といった声もよく聞く。そんな悩みを解決してくれるのが、エイブルコンピュータがiPhone、iPad 向けに開発したアプリだ。
 「当社で開発したアプリはDropbox やEvernote に保存されているファイルの整理整頓に便利」。そうアピールするのは同社の新田一也代表である。例えば、Dropbox の利用者向けに開発した「BoxCrane(ボックスクレーン)」を使えば、ファイルの移動やコピー、ファイル名の変更など、ファイルの管理が簡単になる。また、PDF などのファイルをプレビューできるので、開かなくても中身を確認できる。選んだ写真をそのままツイッターに投稿したり、メールに添付する機能も備えている。
 同社ではこのほか、Evernoteに対応した「EverCrane(エバークレーン)」、「Evernote」と「Dropbox」の間でファイルのやりとりを可能とする「Ever2Drop(エバーツードロップ)」を今年9月から10月にかけて相次いでリリースした。

企業情報

企業名 株式会社 エイブルコンピュータ
創業・設立 設立 平成8年8月
事業内容 各種システム開発、スマートデバイス用アプリ開発

企業情報詳細の表示

関連情報

関連URL 関連URLを開く
備考 情報誌「ISICO」vol.67より抜粋
添付ファイル
掲載号 vol.67

 


月間アクセスランキングへのリンク
 
月間アクセスランキング
DGnet 企業情報/バーチャル工業団地/情報誌ISICO