ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 情報誌ISICO > メニュー > 情報誌ISICO検索 > 【巻頭特集】革新的ベンチャービジネスプランコンテストいしかわ レンタル、リニューアルで中古ピアノを再生

ViVOサイトへのリンク

活性化ファンド商品開発ストーリー集サイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

DGnetサイトへのリンク


【巻頭特集】革新的ベンチャービジネスプランコンテストいしかわ レンタル、リニューアルで中古ピアノを再生

印刷用ページを表示する更新日:2012年11月8日更新

巻頭特集

起業で夢をカタチに!7人がアイデアを発表
革新的ベンチャービジネスプランコンテストいしかわ

ISICOは10月18日、県地場産業振興センターで「革新的ベンチャービジネスプランコンテストいしかわ」を開催し、最優秀起業家賞1人、優秀起業家賞3人を決定した。コンテストでは、50人の応募者の中から1次審査を突破した7人が、練り上げた事業計画を発表。アイ・オー・データ機器の細野昭雄社長をはじめ起業家や経営コンサルタント、金融機関の融資担当者らが審査し、ISICO理事長の谷本正憲知事が受賞者に表彰状を手渡した。ここでは、今後、ISICOが集中的に支援する受賞者の提案内容を紹介する。

優秀起業家賞 レンタル、リニューアルで中古ピアノを再生
宮本 冬樹 (株)ピアノスマイル 代表取締役

宮本 氏の写真

 ピアノ調律師の資格を持ち、工房併設型のピアノ専門店を経営する宮本冬樹さんが提案したのはピアノのレンタル、リニューアル事業である。レンタル事業は中古ピアノを貸し出す仕組みで、価格は月々3,675円から。毎年調律してくれて、6年間借りれば、そのまま顧客のものになる。「子どもにピアノを買いたいが、本物は高価だし、いつまで続けるか分からないので」といった理由で電子ピアノを選ぶ家庭が主なターゲットだ。昨年からサービスを開始し、既に小松・加賀で50台を納入。5年後に北陸3県で300台の受注を目指す。
 一方、リニューアル事業は、中古ピアノの弦やハンマーなどをドイツ製高級ピアノの純正部品に取り替えて音色を良くしたり、色やロゴを変えたりして、ピアノを再生するサービスだ。宮本さんは「一人でも多くの人に本物のピアノの音色を届けたい」と事業拡大に意欲を燃やす。

企業情報

企業名 株式会社 ピアノスマイル
創業・設立 設立
事業内容 ピアノ調律、修理、リニューアル、買取、販売、移動、 レンタル、預かり、リース、音楽イベントの企画、およびピアノ演奏

企業情報詳細の表示

関連情報

関連URL 関連URLを開く
備考 情報誌「ISICO」vol.66より抜粋
添付ファイル
掲載号 vol.66