ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 情報誌ISICO > メニュー > 情報誌ISICO検索 > 大手メーカーのOEMで高評価 目指すは一流のパートナー企業

ViVOサイトへのリンク

活性化ファンド・チャレンジ支援ファンド商品開発ストーリー集サイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

DGnetサイトへのリンク


大手メーカーのOEMで高評価 目指すは一流のパートナー企業

印刷用ページを表示する更新日:2012年1月16日更新

From USERs
設備貸与制度の利用者に聞く
ISICOでは、企業の設備投資を支援するため設備貸与制度で、企業の成長を後押ししています。
制度を利用して事業の拡大に成功した企業の取り組みを紹介します。


■新加工機導入で精度維持が容易に

横形マシニングセンタ 設計から加工、アセンブリ、検査までを一貫して手がけ、世界的にもシェアや知名度の高い大手メーカーに各種専用機械を供給しているヨシオ工業。自動車のエンジン部品であるピストンリングの研磨機、プリント基板の検査装置、樹脂加工機、魚の切り身加工機など、製造する機械は実にさまざまである。ほとんどがOEM(相手先ブランドによる生産)だけに、製品自体に同社の名前が付くわけではないが、「どんな難しいものでも、頼めば何とかしてくれる」と言われるほど、業界内での信頼は厚く、全国から難易度の高い注文が寄せられている。
 生産設備の充実を図ろうと、昨年3月には、ISICOの設備貸与制度を利用して横形マシニングセンタを導入した。購入から20年以上経ったマシニングセンタが更新の時期を迎えており、リーマン・ショックによる景気低迷で高性能の工作機械が値下がりしていたことに加え、1年間の支払猶予期間が設けられていたこともあって、導入に踏み切った。
 「マシニングセンタの導入によって、これまでよりも精度を維持しやすくなった」と話すのは同社の徳野与志一社長である。高度な加工技術と精度は同社の生命線だ。例えば、自動車メーカー各社は燃費向上に向けしのぎを削っているが、燃費のいいエンジンを作るためには、精度に優れた部品が不可欠となる。当然、同社の主力製品であるピストンリング研磨機にもミクロン単位の高い精度が求められるというわけだ。

 

■時代のニーズに応え、多様な機械を製造
 円高の影響で二番底の懸念があるとはいえ、すでに来年夏まで工場のスケジュールはびっしり埋まっている。これは、特定の取引先、製品に偏ることなく、時代に応じて求められる製品を作っているためで、現在はノートパソコンや携帯ゲーム機に使われる2.5インチハードディスクの加工機の受注が伸びているという。
 もちろん好調の要因は顧客の要望に応える技術力だけではない。徳野社長は営業マンとして3,000台を超える自社ブランドのラジアルボール盤を全国で売り歩いた経験があり、今も当時の人脈を活用したトップ営業に余念がない。
徳野社長と北陸最大規模の大型五面加工機 同社はかつて、機械メーカーの下請けが主力業務だったが、仕事は単純作業の繰り返しが多く、離職率も高かったことから、約20年前から技術志向の企業へと舵を切った歴史がある。
 それだけに、徳野社長は「単なる下請けではなく、一流のパートナー企業になりたい」と話し、顧客にメリットをもたらす提案に力を入れている。

企業情報

企業名 ヨシオ工業 株式会社 
創業・設立 創業 昭和36年10月
事業内容 各種専用機機の開発・設計・製造

企業情報詳細の表示

関連情報

関連URL 関連URLを開く
備考 情報誌「ISICO」vol.54より抜粋
添付ファイル 添付ファイルを開く
掲載号 vol.54

 


月間アクセスランキングへのリンク
 
月間アクセスランキング
DGnet 企業情報/バーチャル工業団地/情報誌ISICO