ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 情報誌ISICO > メニュー > 情報誌ISICOバックナンバー > コロナ禍に打ち勝つ! Case4 延期したイベントの代わりに企画 オンラインのショップや見学会が好評 ~上出長右衛門窯

ViVOサイトへのリンク

活性化ファンド商品開発ストーリー集サイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

DGnetサイトへのリンク


コロナ禍に打ち勝つ! Case4 延期したイベントの代わりに企画 オンラインのショップや見学会が好評 ~上出長右衛門窯

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月22日更新

コロナ禍に打ち勝つ! 新たな商機の獲得へ知恵絞る

新型コロナウイルスの感染拡大によって、この春、経済活動に急ブレーキがかかった。さまざまな制限が解除された6月以降はやや持ち直したとはいえ、収束するにはまだ時間がかかるため、企業にとっては今後、ウイルスとの共生を前提に、経営環境の変化に応じて事業モデルや仕事のやり方を見直していくことが必要だ。そこで今回の特集では、この苦難を乗り切って次の成長につなげようと知恵を絞る県内企業4社の取り組みを紹介する。​​​

1カ月間限定で開設 売り上げは目標額の4倍

伝統の柄をアレンジし、笛の代わりにレコードなどを持たせた「笛吹」シリーズの湯飲みの写真。 新型コロナウイルスの影響で、今年は多くのイベントや祭りが中止、延期を余儀なくされている。その一つが、九谷焼の窯元・上出長右衛門窯が毎年5月2日から4日にかけて開く「上出長右衛門窯 窯まつり」だ。あえなく9月への延期を決めたが、その代わりとして、4月18日から1カ月間限定で開設したオンラインショップ「まつりのかわり」が人気を集めた。
 まつりのかわりでは、窯まつりに向け1年かけて準備してきた数量限定品をはじめ、ゆがみなどがある二等品を「たまさか品」と名付けて特別価格で販売し、目標額の4倍を売り上げた。
4月28日には写真共有アプリ「インスタグラム」のライブ配信機能を使って、オンライン工場見学を実施し、九谷焼の製作工程を紹介したほか、画面上に書き込まれる質問に答えた。
 また、ライブ配信に参加できない人にも九谷焼をよく知ってもらおうと、購入者には製作工程を遊びながら学べるすごろくをプレゼントした。例えば、原因不明の不良のため振り出しに戻るなど、現場での苦労や楽しさを追体験してもらえるように工夫した。

製作の現場を知って身近に感じてほしい

 今年で13回目を迎える窯まつりは、例年5月の大型連休中に催される業界の目玉イベント「九谷茶碗まつり」と同時期に開催してきた。茶碗まつりには上出長右衛門窯も出展していたが、器を作っている現場を多くの人に見てほしいとの思いから、工場見学をメインに据えて窯まつりをスタートさせた。当初は小規模だったが、絵付けやろくろの体験、限定品の販売、飲食ブースなど、年を追って内容を拡充し、テストマーケティングの場にもなっていた。期間中は4,500人ほどが集まる人気ぶりで、収益に占める割合も年々高くなっていた。
上出長右衛門窯6代目の上出惠悟さんの写真 まつりのかわりの開設に当たって、6代目の上出惠悟さんが大切にしたのが、現場を知って九谷焼を身近に感じてもらうという窯まつり本来の趣旨である。そのために企画したのが、オンライン工場見学やすごろくであり、参加者から「丁寧な解説を聞けて、本当に見学したみたいだった」などの声が寄せられ、好評だった。
 告知にはインスタグラムのほか、ホームページやフェイスブック、ツイッターを活用。他産地のイベントと並んで、オンライン陶器市のまとめサイトでも紹介された。また、上出さんの友人で人気ロックバンド「サカナクション」のボーカルを務める山口一郎さんとインスタライブで対談する機会にも恵まれ、これまで窯まつりに足を運んだことのない客層からも多くのアクセスがあった。

巣ごもり中に工芸体験 県内外から注文急増

「KUTANI SEAL(クタニシール)」の工作キットの写真。 多くの人が外出を控えたことによる巣ごもり消費が追い風となり、上出さんが代表を務める合同会社上出瓷藝(かみでしげい)のオンラインショップでは、世界でただ一つの九谷焼を手軽に作ることができる「KUTANI SEAL(クタニシール)」の工作キットの販売が好調だ。
 工作キットは九谷焼の器とさまざまな絵柄の転写シールがセットになっており、購入後、思い思いにシールを貼った器を同社に送り返すと、焼成して再び自宅に届けてくれる。「自分自身、粘土を触ると嫌なことを忘れられ、ポジティブになれた経験があり、工作キットを通じて、コロナで不安な気持ちを抱えている人たちにも同じような体験をしてもらえれば」(上出さん)と、これまで販売していたマグカップ、茶碗、花型皿に加え、今年3月以降、八寸プレートなどラインアップを拡充すると県内外から注文が増え、オンラインワークショップも開催した。
 イベントの延期や店舗の営業自粛などによって九谷焼に直接触れる場は減ったが、上出さんはこうした状況だからこそ、オンラインを通じて作り手と使い手をつないでいきたいと考えている。

企業情報

企業名 上出長右衛門窯
創業・設立 創業 1879年
事業内容 九谷焼の製造、販売

企業情報詳細の表示

関連情報

関連URL 情報誌ISICO vol.111
備考 情報誌「ISICO」vol.111より抜粋
添付ファイル

添付ファイルを開く [その他のファイル/132KB]

掲載号 vol.111