ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 活性化ファンド商品開発ストーリー集 > メニュー > 食品 > 和風東蛮醤(とうばんじゃん)で料理に新味をプラス ~吉市醤油店

いしかわ産業化資源活用推進ファンド事例集ViVOサイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

いしかわ商品カタログサイトへのリンク

店ナビいしかわサイトへのリンク


和風東蛮醤(とうばんじゃん)で料理に新味をプラス ~吉市醤油店

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月11日更新

太古楽

和風東蛮醤(とうばんじゃん)で料理に新味をプラス

 <22年度活性化ファンド採択事業>

事 業 名    

剣崎ナンバと長熟諸味による、醸(かも)す辛味調味料の品質改良及び販路開拓事業

キャッチコピー 

辛みと旨みのハーモニー ピリ、カラ、ウマッ、いいがいね太古楽!

 ◇和風東蛮醤『太古楽』開発の背景

吉市醤油店がある白山市安吉町の隣町・剣崎町は、昔から剣崎なんばの生産地として知られている。この商品開発は、数年前に剣崎なんばの生産者が、秋の長雨で出荷のタイミングを逸し商品価値が低下した剣崎なんばを利用して欲しいと同店に持ち込んできた偶然から始まる。用途に困った吉市醤油店店主は、それ以上傷ませないため醤油もろみの中に細かく刻んで漬け込んだ。劣化を止めることはできたが、翌春になってももろみが発酵してこないため、発酵させるため酵母の栄養分となる甘酒と酒粕を加え、さらに寝かせたところ発酵が始まり、夏頃に試食すると従来にない面白いものができてきていた。そこで、秋の収穫時期に剣崎なんばを新たに仕入れ、それを加えてさらに辛味を増した。そのタイミングで、いしかわ産業化資源活用推進ファンドの存在を知り、まさにそのファンドの趣旨に合致していたことから申請を行い、22年度の同ファンドの採択を受ける。

吉市醤油店 吉市醤油店

こだわり 

原料の剣崎なんばは、地元剣崎町の特産品であり、文字通り地産地消の商品である。剣崎なんばを漬け込む丸大豆醤油もろみ。酒粕・米麹などは、親戚に酒屋と味噌屋があり容易に入手出来たが、商品ができあがるまで2年の歳月を要した。その後、「商品はできたが、名前をどうしたものか、試行錯誤しましたが、当店の二代目が大正時代に製造販売していたお酒の銘柄『太古楽』(当家の家訓【山静如太古】(やましずかにしてたいこのごとく)より命名)に落ち着きました」と顔を綻ばす。商品として売り出すにあたっての価格設定をどうするか。この商品は注文が殺到しても2年間の熟成期間が必要なため対応できないこともあり、あくまでも話題づくりのアイテムとして位置づけていることから、1本(120ml)1,200円という破格の価格設定とした。

吉市醤油店

新規性

偶然の産物とはいえ、従来までにない新たな辛味調味料が誕生した。唐辛子を味噌などに漬け込んだものはあるが、ここまで唐辛子を発酵させた商品は世の中になく、味的にも同類となるものがないオリジナルな辛味調味料である。強いて言えば似よっている中国の豆板醤をもじり、東蛮醤の字を当て和風東蛮醤(とうばんじゃん)のキャッチフレーズを付してある。和食・洋食・中華を問わず、あとひと味、旨み・奥行き・パンチが欲しいと感じた時に『太古楽』を1~2滴加えると納得の風味に大変身する。

吉市醤油店

課題と方向性

本業の醤油造りの技と辛味調味料『太古楽』のコラボレーションをさらに発展させ、23年春から醸し漬けシリーズと銘打ち、鰤・鯖・ふぐ卵巣・沢庵を漬け込んだ商品の販売をスタートしている。同時にホームページを開設し、ネット通販にも対応できるよう準備を整えたところである。しかしながら、ホームページへのアクセスはまだまだごく僅かで、これから知名度アップ、ネット通販の販促等々やらなければならないことが山積している。同店の醤油は、一般流通に乗せての販売よりも、個人店や業務用への直接納入が主力のため、こうした新商品を多店舗展開するスーパー等で広範囲に販売するルートを持っていないため、現状では限られた場所でしか購入できないが、将来的にはこれらの加工食品を事業の柱の一つに育てたい考えで、六代目にバトンをつなぐためにも、より一層の販路開拓が期待される。

吉市醤油店

発注単位       太古楽 1本より

希望小売価格    1本1,200円(税込)

配送方法       宅配便(送料別途)

賞味期限       常温で1年間

吉市醤油店 店主 吉市醤油店

事業所名       吉市醤油店 

               白山市安吉町78番地

               TEL076-275-0908

               URL http://www.4c1.jp/

               E-mail shop@4c1.jp

担当者        吉田 昇市 店主