ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 活性化ファンド商品開発ストーリー集 > メニュー > 食品 > 地元産の大麦ペーストを活用し、ラスクやシリアルなど大麦商品シリーズを発信! ~あんずの木

いしかわ産業化資源活用推進ファンド事例集ViVOサイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

いしかわ商品カタログサイトへのリンク

店ナビいしかわサイトへのリンク


地元産の大麦ペーストを活用し、ラスクやシリアルなど大麦商品シリーズを発信! ~あんずの木

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月26日更新

ラスクとシリアル ラスクとシリアル

地元産の大麦ペーストを活用し、ラスクやシリアルなど大麦商品シリーズを発信!

<平成26年度活性化ファンド採択事業>

事業名

 大麦ペーストを活用した新食感のラスク開発・商品化と販売促進事業

商品名

 大麦ラスク  大麦チュイール

キャッチコピー

 大麦に 恋する 幸せスイーツ

開発の経緯

小松市内の菓子店の長女として生まれた斎藤和美さんは、兄と共に家業を手伝う傍ら、興味のあったパン作りを勉強するため十数年パン教室に通い続け、遡ること3年前、満を持して自らの手作りパンを販売するパン工房「あんずの木」をオープン。オープンして間もなく、小松市が中心となり農業の六次産業化を推進する事業が始まり、その第一弾が、県内屈指の生産量を誇る小松産大麦の活用だった。

JAから「大麦粉ではパンは堅くなって無理だけど、クッキーやビスケットのようなものに使えないか」と提案され、大麦粉の活用法を思案していたところへ、再びJAから「大麦ペーストならパン作りに合い、パンの柔らかさが何日も持つから試験的に使ってみないか」と打診され、早速取り組むことに。パン生地に2~3割混ぜても小麦粉同様に柔らかくふんわりと焼き上がり、2~3日経過しても柔らかいままで、風味も全く変わらないこと、また大麦ペーストには乳化作用があると判明したため、オープン翌年から全てのパンに大麦ペーストを2~3割使う形に切り替える。

新規性

当初は大麦ペーストを使ったパンを作っていたが、地域性として調理せずにすぐに食べられる総菜パンが好まれるため、どうしても売れ残りが出た。そこでパンだけでなく、パン生地を活用して他にない大麦ラスクを作ることを考えた。大麦ペーストを生地に混ぜ込むことで、パンにボリュームが出て、さらにふんわり感が増す。このようなパンでラスクを作ると、ラスクの食感が今まで以上にさっくりとした軽い食感になることが分かり、活性化ファンドを活用し、大麦ラスクの商品化に取り組む。

大麦ペーストの水分量やその日の気温、湿度によって仕上がりに差が出ることから、試行錯誤を繰り返しながら、大麦ペーストの特性を体得するとともに、ラスクづくりのノウハウを蓄積し、斎藤さんこだわりの大麦ラスクの商品化にこぎつける。小松市内のパン屋で大麦ペーストを使って商品展開しているところは2軒しかなく、地元産の大麦を六次産業化につなげる小松市の取り組みの成功事例でもある。さらに、大麦そのものが目に見える商品を作ろうと考え、商品化したのが大麦チュイール。これは、大麦を水飴で固める際に隙間に玄米を入れて作ったお菓子である。「最近では、手作りパンよりも大麦ペーストを使ったラスクの方が人気で複雑な心境です」と苦笑する。

rusk rasuku

こだわり

新商品のラスクを販売するにあたり、猫好きの斎藤さんは、お店のキャラクターである「むぎにゃん」をパッケージにあしらい、『シャン デュ オルジュ(フランス語で大麦畑の意)の大麦ラスク』として発売。ラスクにすることで、日持ちがし、贈答品になり、付加価値がつくことで、利益率も高い商品である。販売面では、店頭販売だけでなく、JA小松市直売所、道の駅、小松市内で開催されるイベントにも積極的に出店し、大麦ラスクシリーズの商品を一人でも多くの人に知ってもらう努力を惜しまない。

昨年、従来までのFaceBookだけでなく、ホームページも開設し、合わせてネット通販もスタートさせた。まだ、半年しか経過していないため、売上は僅かだが、東京からの注文が多いとのこと。「大量に注文が入っても対応できないので、少しずつ増えていけばと思っていますが、将来的にはネット通販も伸ばしたいですネ」と力を込める。

今後の方向性

近年の健康ブームに目をつけ、大麦のシリアル「小松オルジュシリアル」を発売したところ好評を博し、さらに大麦シリアルにアーモンド、かぼちゃの種、クルミ等のナッツ類とクランベリー、ブルーベリーカレンツ等のドライフルーツを混ぜたグラノーラを販売したところヒット商品に。それが自信となり、カカオグラノーラ、アールグレイグラノーラとシリーズ展開、今では大麦を使った商品シリーズが「あんずの木」の看板商品になりつつある。

大麦のシリアルは、今のところ同社しか販売しているところがない希少価値の高い商品でもある。今後は大麦だけでなく、地元産の加賀茶や加賀野菜などを使った商品開発にも取り組む考えで、大麦ラスクと言えば「あんずの木」と言われるような魅力ある商品に育てるべく、今日も明るく元気にお客様を迎える斎藤さん母娘である。

   cereal cereal 

販売価格

 ラスク4枚入り          380円(税込)
 チュイール4枚入り        380円(税込)
 ラスク・チュイール10枚入り 1,080円(税込)

   anzunoki annzunoki
          斎藤和美さん         店舗外観

会社概要

 ・商 号 あんずの木
 ・住 所 小松市今江町7-416-4
 ・TEL 0761-58-0814
 ・URL http://anzunoki.net/