ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 活性化ファンド・チャレンジ支援ファンド商品開発ストーリー集 > メニュー > 食品 > 夫婦で紡ぐ 地物食材にこだわった 恵と力 白山饂飩 ~ タマリバかんすけ(メンツル製麺所)

いしかわ産業化資源活用推進ファンド事例集ViVOサイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

いしかわ商品カタログサイトへのリンク

店ナビいしかわサイトへのリンク


夫婦で紡ぐ 地物食材にこだわった 恵と力 白山饂飩 ~ タマリバかんすけ(メンツル製麺所)

印刷用ページを表示する更新日:2022年1月25日更新

夫婦で紡ぐ 地物食材にこだわった 恵と力 白山饂飩

 

     <令和2年度いしかわ中小企業チャレンジ支援ファンド採択事業>

事業名

 100%石川県地産物「霊峰白山の湧き水と、麓で育った小麦」から独自製麺方法で作る「冷凍 白山饂飩」の開発、販路開拓事業

商品名

 恵と力 白山饂飩

開発の経緯

2010年に池元豪さん、美絵さん夫婦が始めた地産地消を推奨する創作饂飩店「タマリバかんすけ」。子供からお年寄りまで幅広いお客さんに愛され、地元の人気店に成長してきた中で、地元白山市をこよなく愛する池元さんは、看板商品である手打ちうどんを全て地元縁の食材のみで作ることを目指していたが、独立した当時はまだ、石川県産の小麦はなかった。

ところが、数年前に白山の麓で小麦を栽培している農家があることが分かり、早速その小麦を使った小麦粉を仕入れ、流下式塩田製法にて製造された新海塩産業の「のとの珠洲塩」、白山の伏流水で安産名水として知られる「やすまる銘水」を使用し、添加物を一切使用しないオリジナル麺・白山饂飩を自店舗内の製麺所「メンツル製麺所」で誕生させる。

100%地元産を目指した白山饂飩のメニューを提供して連日賑わっていたところへ、2020年春からコロナ禍となり、ほとんど営業できない日々が続いていた。そんな中、白山饂飩を自宅で手軽に食べられる冷凍麺にできないかと閃き、開発に着手する。

小麦
のとの珠洲塩
やすまる銘水

商品化への道程

うどんは、茹でた時点から劣化が始まる。そのため劣化の時間を少しでも短縮する研究開発において、食品のことなら池元さんの母校でもある県立翠星高等学校の食品科学コースが頼りになると、先生と生徒に協力を依頼し、どんな作り方がいいか、水と塩の含有率はどれぐらいがベストか等、様々な実験を1年以上繰り返す中から、添加物不使用を貫き、冷凍しても饂飩に劣化等が発生していないことを数値で検証してもらうことにこぎつけ、冷凍白山饂飩が完成する。

これによって、「このうどんを家で食べたいなぁ」「卸してもらえないか」「贈答に使えないか」等々、それまで事あるごとにお客様からいただいた要望に応えられることに。

この冷凍白山饂飩の商品化により、コロナ禍の休業で厳しい環境にある中でも販売できるオリジナルの看板商品が生まれたことは、当店にとって文字通り大きな一歩。

白山饂飩 白山饂飩

冷凍白山饂飩の特徴

打ち立て茹でたての麺を急速に冷凍しているため、調理後でも茹でたての様な鮮度を再現。箸で持ってもプツッと切れない適度な太さ、口に入れるとすぐ分かるツルツルとした食感、しっかりと噛むことができる程よいコシ、一本一本麺を食べていると感じられるちょうど良い長さ、ツルッと喉を通過していく喉越し、後から口の中に広がる小麦の風味を存分に堪能できる。これが冷凍白山饂飩の持ち味である。

「小麦の香りがして、とても美味しいですね」とお客さんからよく言われるそうだが、「小麦の香りは、生産者さんが愛情を込めて育てた小麦を原料に小麦粉を開発することにたどり着き、私は間に入って饂飩に加工してお客さんに提供しているだけで、石川県産の小麦を育てている生産者さんのおかげです。」と感謝することしきり。お客さんからの好評は、池元さんの謙虚な姿勢が、白山饂飩の風味に如実に表れている証でもある。生産者の思い、製粉業者の思い、地元食材に対する感謝、お客様への感謝、自らがいろんな人に助けられ、支えられていることへの感謝、そうした池元夫妻の純真さが、白山饂飩の隠し味に他ならない。

冷凍白山饂飩タマリバかんすけ(メンツル製麺所)

冷凍白山饂飩の利便性

冷凍白山饂飩 1パック5玉入り 770円(税込)

この冷凍白山饂飩は、真空パックの個包装のまま電子レンジで3分程度温めるだけで、そのまま鍋に入れて食べられる簡便性が他にない特徴。保存料・着色料不使用、食べたい分だけ解凍でき、フードロスにもつながる優れもの。白山饂飩は湯切り網の中に入っている丸い形状にて真空パックされており、見た目でも白山饂飩がアピールできるようにとのブランディングに対する差別化の思いも込められている。

白山饂飩 白山饂飩の解凍方法 白山饂飩の食べ方

今後の方向性

商品として販売がスタートし、購入して食べたお客さんからの声を聞きながら、さらに改良を加え、同時並行して販路開拓にも取り組み、「道の駅 めぐみ白山」や「松任海浜温泉 おつかりさま」にて販売している。

さらに、納入先の要望に応え買いやすい価格の個食パックづくりも進行中。せっかくオリジナルの冷凍白山饂飩ができただけに、自家製だしつゆ、地元産の薬味などをセットにしたギフト商品を是非開発してもらいたい。ただ、冷凍となると、クール便の送料が千円あまりになることから、商品価格との兼ね合いもあり、難しい面もあると思うが、製麺所でしか食べられない打ち立て饂飩が自宅でも食べられ、十数年うどん専門店としてうどんと向き合い培ってきた経験を活かし、食べやすくて美味しいうどんを提供していくべく決意を新たにしている。

長引くコロナ禍で、おうちごはん、テイクアウト、冷凍食品が注目され、飲食店が厳しい環境下にあって、冷凍白山饂飩を開発し、製麺所としてもやっていける光明が見え始めており、まさしくピンチをチャンスに変えた夫婦二人三脚の突破劇を目の当たりにした思いで、池元夫妻のさらなる挑戦にエールを贈りたい。

 

メンツル製麺所 
 池元美絵さん  池元 豪さん

会社概要

 ・商 号 タマリバかんすけ(メンツル製麺所)
 ・住 所 白山市相木町238
 ・代表者 池元 豪
 ・TEL 076-227-8931
 ・URL  https://www.hakusanudon.com/