ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 活性化ファンド商品開発ストーリー集 > メニュー > 食品 > 能登の海のオヤジの味を全国の食卓へ ~清間商店

いしかわ産業化資源活用推進ファンド事例集ViVOサイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

いしかわ商品カタログサイトへのリンク

店ナビいしかわサイトへのリンク


能登の海のオヤジの味を全国の食卓へ ~清間商店

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月15日更新

 ごろたくん

        能登の海のオヤジの味を全国の食卓へ

       <平成23年度活性化ファンド採択事業>

事業名

 能登小木港のイカ・海洋深層水を活かした新たなイカ商品の開発と販路拡大事業

商品名

 「ごろたくん」

商品分類

 食品

キャッチコピー

 海のオヤジの味

開発の経緯  

清間商店の清間壮一郎さんが子供の頃、地元で水揚げされたイカの内蔵(ごろ)に味噌や卵、うまみ調味料などを入れて混ぜ込んだ味噌をあつあつのご飯にのせて父親がよく食べさせてくれたことがこの商品を開発する原点になっている。若い頃イカ釣り漁師だった清間さんが、漁師仲間にその思い出の味をまかないで振る舞ったところ「うまい」と好評を得、商品化に向け意を強くする。その後、縫製工場を30年あまり経営する間に懐かしい味で勝負したいと真剣に考えるようになり、縫製業の傍ら将来に備え「ごろたくん」の商標登録を行う。ほどなく中国製品の台頭で縫製業の先行きが不透明化してきたことから思い切って廃業し、平成20年から「ごろたくん」の商品化に取り組む。

         

こだわり 

原材料は何と言っても地元・小木漁港で水揚げされる新鮮な真イカの内臓(ごろ)と水深300メートルから汲み上げる海洋深層水、能登の田舎味噌、砂糖、水飴、みりん、いしる、卵、唐辛子、柚子、うまみ調味料などを使い、2~3時間かけてじっくりと炊きあげられる。もちろん、無添加、無着色の安全・安心な食品で、清間さんのイカに対する愛情が注がれた逸品だ。「ごろたくん」は、そのまま酒の肴やご飯にのせるだけでなく、スティック野菜につけたり、カレーライスやラーメン、焼きそば等々に入れると味がまろやかになり、奥行きのある深い味わいに大変身。洋食とのマッチングも絶妙で、自分流の食べ方を発見するのも一興。口に入れて目を閉じると、能登の潮騒が聞こえてくる、そんな能登の風土と清間さんのまごころがこもった愛情一品である。  

希望小売価格   甘口・辛口・激辛とも 1パック(60グラム入) 350円。

          郵送の場合は箱代100円+送料別途

              

 ◇販売方法 

現時点では、本社での店頭販売のほか、県内のどんたく各店、能登空港売店、道の駅「能登すずなり」などにて購入できる。今後、問屋を介してさらに販売拠点を増やしていきたい考えだ。なかでも道の駅での売れ行きが好調で、能登ならではのお土産としてその地位を確立しつつある。ネットでは、能登の産品を販売する能登スタイルストア(http://www.notostyle.biz/)にて購入できる。

  ◇商品寿命   

10℃以下の冷蔵保存であれば、賞味期限・消費期限ともに45日。今夏は例年にない猛暑のため、冷凍保存しておいた商品を解凍したものを冷蔵で店頭販売する許可を保健所から取得し、鮮度管理にも食品製造業者として細心の注意を払っている。

 

         

  ◇今後の方向性

発売開始から2年、清間さんは自らの営業車に「ごろたくん」の宣伝チラシを貼り付け、「ごろたくん」を周知するために自ら作詞した「ごろたくん テーマソング」のCDを大音量で流しながら県内各地で街宣に精を出す。「ごろたくん」に賭ける清間さんの熱い思いがちりばめられたテーマソングはなかなかの仕上がりだ。テレビや雑誌でも取り上げられるようになり、少しずつではあるが売上が伸びてきている。観光客にとって、ありきたりの土産菓子と異なり、能登ならではのイカを使った珍味という点が強みにもなっている。さらなる新商品として、レトルトバージョンの「ごろたくん」を試作中で、完成が待たれる。「能登のイカの美味しさを多くの人に知ってもらうことで能登に興味をもってもらい、能登に誘うきっかけになればそんな嬉しいことはありません」と今日も笑顔で宣伝カーに乗り込む清間さんである。

             

店舗概要

・商 号   清間商店

・住 所   鳳珠郡能登町字宇出津ウ字187-1

・TEL   (0768)62-0008

・FAX   (0768)62-4649