ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新製品・技術開発 > 医商工連携に関する過去のセミナーのご紹介

医商工連携に関する過去のセミナーのご紹介

印刷用ページを表示する更新日:2018年1月4日更新

医商工連携に関する過去のセミナーのご紹介

医療や健康分野における技術の最新情報や、市場動向の情報を提供するセミナー(石川県、石川県産業創出支援機構が主催)を開催しています。

これまでに開催された医商工連携に関するセミナーのご紹介です。

平成28年度   平成27年度   平成26年度   平成25年度   平成24年度

平成23年度   平成22年度

平成28年度

介護・福祉機器開発ワーキンググループ

第1回セミナー 【2016年11月17日(木)開催】
「高齢者・障害者を取り巻く現状と福祉機器開発の必要性、留意点」
 開催案内 [PDFファイル/811KB]

 

第2回セミナー 【2017年1月23日(月)開催】

「高齢者介護と介護保険における福祉用具の取扱い」
 開催案内 [PDFファイル/821KB]

医療機器開発ワーキンググループ

​第1回セミナー 【2016年10月6日(木)開催】
「日本医療研究開発機構(AMED)における医療機器事業化支援について」
 開催案内 [PDFファイル/741KB]

 

​​第2回セミナー 【2016年11月15日(火)開催】
「医療機器業界にスムーズに参入するには」
 開催案内 [PDFファイル/755KB]

▲ ページの先頭へ

平成27年度

医療機器開発ニーズ紹介セミナー 【平成28年3月18日(金)開催】 
 開催案内 [PDFファイル/330KB]

 

医療周辺機器開発ニーズ紹介セミナー 【平成28年2月2日(火)開催】 
 開催案内 [PDFファイル/252KB]

 

第6回北陸ライフサイエンスクラスターシンポジウム 【平成27年11月19日(木)開催】

「北陸発医療機器の創製を目指して ~整形外科分野の最前線と、新規参入の先進事例に学ぶ~」
 開催案内 [PDFファイル/1.56MB]

 

石川県臨床工学技士会 医療現場のニーズ発表会 【平成27年8月20日(木)開催】
 開催案内 [PDFファイル/98KB]

 

医療機器産業参入セミナー【平成27年5月29日(金)開催】
 開催案内 [PDFファイル/253KB]

▲ ページの先頭へ

平成26年度

医療・福祉機器開発ニーズ紹介セミナー【平成27年1月21日(金)開催】
 開催案内 [PDFファイル/308KB]

内容:
(1)「調理動作の流れを考慮したエプロンの工夫ーバランスが不安定な高齢者や障がいのある人のためにー」
    石川県リハビリテーションセンター 東 ひとみ 氏
《概要》
病状の進行によって身体のバランスや手足の筋力が低下した主婦に対して、調理や配膳の一連動作に対応したエプロンを作製した。
このような変化は加齢によっても生じることが多く、今回、調理動作を分析することにより動作に必要な道具を紹介する。

(2)「子どもの発達・生活を助ける道具づくり」
    社会福祉法人石川整肢学園 金沢子ども医療福祉センター  今井 佐智子 氏
《概要》
脳性まひにより筋緊張の変化が生じる女児に対して、極度な筋緊張を抑えて上肢を動かしやすくするカーディガンのような衣類を作製した。
この衣類の工夫点や改善課題のほか、普段、現場で手作りしている自助具を紹介する。

(3)「重症心身障がい児施設からの提案ー動くことや感覚・運動経験の視点よりー」
    社会福祉法人石川整肢学園 小松子ども医療福祉センター 瓦田 淳平 氏
《概要》
実用的な移動手段を持たない重度重複障がいのある子ども達に対して、移動を体験・練習できる電動の歩行器や起立台、台車を作製した。
これらの機器の必要性や効果をはじめ、僅かな自発運動で操作できる感覚運動訓練機器や遊具等のニーズについて紹介する。

(4)「関節機能に障がいのある人が自立生活を送るための工夫ー関節リウマチを例にー」
    公益社団法人石川勤労者医療協会 金沢城北病院 小池 隆行 氏
《概要》
リウマチなど関節に障害を持ち、痛みに耐えながら日常生活や仕事を行っている方々に対して、その障がいを補うために電動ベッドのリモコン装置に工夫を加えた。この事例をはじめ、関節障がいの特徴と求められる工夫や支援方法について紹介する。

(5)「高齢者が安全で機能的に作業できる安楽と机上作業が可能な椅子の開発」
    医療法人良俊会 介護法人保健施設 ふぃらーじゅ 西谷 すずな 氏
《概要》
筋力や身体バランスが低下した高齢者に対して、立ち座りがしやすく、作業姿勢とリラックス姿勢が変換できる椅子や、立ったまま台所作業がしやすい足休め台付き椅子等について、臨床現場の経験から椅子に必要な条件を導き出したので紹介する。

 

医商工連携セミナー【平成26年8月25日(月)開催】​

「企業の継続と価値の創造」
 開催案内 [PDFファイル/81KB]

 

医療機器開発ニーズ紹介セミナー【平成26年8月6日(水)開催】​

「~医療現場とものづくり企業との出会いの場。連携から生まれる新たなビジネスチャンス!~」
 開催案内

 

医療機器開発セミナー【平成26年4月21日(月)開催】​​

「医療機器開発における医学と工学の連携の重要性について」
 開催案内

▲ ページの先頭へ

平成25年度

医療機器開発マッチングフォーラム【平成26年3月20日(木)開催】​​​
 開催案内 [PDFファイル/964KB]

 

医療機器開発参入セミナー【平成26年1月22日(水)開催】​​​
 開催案内 [PDFファイル/263KB]

 

医療機器開発マッチングフォーラム平成25年9月5日(木)開催】​​​​
 開催案内 [PDFファイル/854KB]

 

平成25年度 医商工連携促進セミナー【平成25年4月18日(木)開催】​​​​​

「ユーザーの現場から発想する医商工連携の製品開発」​​​​
 開催案内 [PDFファイル/57KB]

 

▲ ページの先頭へ 

平成24年度

看護現場の課題に基づくニーズ発表会 医療周辺機器開発フォーラム【平成25年1月28日(月)開催】

基調講演:
「医療周辺機器には新たなビジネスの種がまだまだある ~看護現場の細かなニーズに応えた製品開発~」
公益財団法人静岡県産業振興財団ファルマバレーセンター所長 植田 勝智 氏

看護現場のニーズ提供・意見交換:
石川県立中央病院の看護師から、看護現場で求められている医療周辺機器を多数紹介
 開催案内 [PDFファイル/1.19MB]

 

医療機器開発マッチングフォーラム(金沢大学)【平成24年12月4日(火)開催】
 開催案内 [PDFファイル/349KB]

 

医療機器開発マッチングフォーラム(金沢医科大学)【平成24年7月26日(木)開催】​
 開催案内 [PDFファイル/418KB] 

【概論】「医療機器開発における企業の押さえるべきポイント」
財団法人医療機器センター附属医療機器産業研究所 上級研究員 日吉 和彦 氏

【個別テーマ発表・意見交換】医療現場が求める医療機器について

(1)「外陰部洗浄用シャワー付き便座の改良」
金沢医科大学 看護学部/医科学 教授 小島 正美 氏
《概要》
おむつ使用で失禁がある高齢者では、清潔保持の観点から外陰部周辺の洗浄が必要となる。
世帯普及率70%以上の温水洗浄便座の一部改良により、高齢者または介護者が簡単に外陰部周辺を洗浄できる便座の改良に協力して貰える企業を募りたい。

(2)「振動刺激を利用した関節可動域改善への試み」
金沢医科大学病院 リハビリテーションセンター
《概要》
理学療法において、関節拘縮(関節が動く範囲が狭まること)は日々遭遇する重要な課題であり、拘縮の効果的な治療は患者さんの機能回復への大きな貢献となる。
今回、筋への振動刺激が拘縮の改善に役立った事例を紹介し、より効果的な振動刺激装置開発のための技術提供して頂ける企業の協力を募りたい。

(3)「光照射利用うつ病治療法とその治療空間」
金沢医科大学 医学部生理学I 教授 加藤 伸郎 氏
《概要》
ある条件下で目から光刺激を受けると、うつ病の治療または予防が可能になることが判明した。
アルツハイマー病の治療にも有効であった。
日常生活に取り入れられるような装置開発に協力していただける企業を募りたい。

(4)「染色体検査の現状と将来について~クラウドシステムを利用した在宅での核型分析業務構想~」
金沢医科大学 総合医学研究所/先端医療研究領域 助教 尾崎 守 氏
《概要》
染色体検査は、画像処理等によるソフトウェアだけでは正確に核型分析できない。(誤った染色体番号に分類する。)
経験を積んだ専門家が目で見て判断する必要がある。
分析判断能力が高い専門家が所属機関を定年引退後も、在宅で分析業務ができるようなシステム構築に協力してくださる企業を募りたい。

(5)「睡眠時無呼吸症候群の新たな治療としての前頸部持続吸引装置」
金沢医科大学 医学部呼吸器内科学 助教 齋藤 雅俊 氏
《概要》
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に上気道(空気の通り道)が舌などでふさがれることで起きる。
これを防ぐために、頚部前方を持続吸引して喉の閉塞を防ぐ装置を考案した。
装置の作成に協力してくださる企業を募りたい。

(6)「一般の診療所で施行可能な嗅覚検査機器」
金沢医科大学 医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授 三輪 高喜 氏
《概要》
最近、パーキンソン病やアルツハイマー病の発症を嗅覚検査によって予測する研究が発表され、一般の診療所でも使用できる嗅覚検査機器の開発が望まれている。
発表者は、マイクロカプセルを使った嗅覚検査機器の開発を進めており、技術協力してくださる企業を募りたい。

 

医療関連ビジネスセミナー
~医商工連携による新たなビジネスチャンスの獲得に向けて~【平成24年4月18日(水)開催】
 開催案内 [PDFファイル/498KB]

 

▲ ページの先頭へ

平成23年度

医商工連携セミナー・意見交換会【平成24年3月23日(金)開催】
~ 医療従事者と医療機器メーカーの連携強化に向けて ~

基調講演:「医療機器開発における医療機関との連携について」
山科精器(株)メディカル事業部 部長 上村 英一 氏

意見交換会: 医商工連携を行う上での課題や今後の方向性等について議論。
司会:神戸バイオメディクス(株)代表取締役社長 鶴井 孝文 氏

 

医療・福祉機器マッチングセミナー【平成23年11月25日(金)開催】

基調講演:「医療機器業界への参入-神戸の中小企業の取り組み-」
神戸バイオメディックス株式会社 代表取締役社長 鶴井孝文 氏

医療・福祉機器の開発テーマ発表:
(1)動脈硬化や肥満に関する簡易型超音波画像診断装置の開発 [PDFファイル/200KB]
金沢大学 医薬保健研究域保健学系 教授 真田 茂 氏

(2)介護者の負担軽減のための軽量型移乗車(車いす)の開発 [PDFファイル/154KB]
金沢大学 医薬保健研究域保健学系 教授 清水順市 氏

(3)膠原病の診断と治療効果の判定に有用なタブレット型末梢血管血流速度測定装置の開発 [PDFファイル/103KB]
金沢大学附属病院 作業療法士 麦井 直樹 氏

(4)細胞間相互作用が観察可能なプラスチック製あるいはガラス製試験容器の開発 [PDFファイル/409KB]
金沢医科大学 腫瘍内科学 講師 島崎猛夫 氏
(5)下顎の空間的位置認識と運動学習を目的とする顎運動フィードバック矯正装置の開発 [PDFファイル/564KB]
金沢医科大学 顎口腔外科 准教授 吉村 弘 氏
(6)穿刺吸引細胞診用の音声ガイドによる検査支援機器(ソナビア)」の開発 [PDFファイル/901KB]
金沢医科大学 耳鼻咽喉科・頭頚部外科学 講師 下出祐造 氏

 

医療関連サービスセミナー【平成23年8月29日(月)開催】

講演1:「けいじゅヘルスケアシステムの取り組みについて」
恵寿総合病院 理事長 神野正博 氏

講演2:「医療周辺サービスのビジネス化の現状と今後の方向性」
OHS協議会 事務局長 国立大学法人神戸大学 連携創造本部 客員教授 卯津羅泰生 氏

 

医商工連携とビジネスの展開【平成23年4月25日(月)開催】

講演:「「ファイナンス」の立場から見た医商工連携とビジネスの展開」
北海道ベンチャーキャピタル株式会社 代表取締役社長 松田一敬 氏

 

▲ ページの先頭へ

平成22年度

医療機器セミナー【平成23年2月4日(金)開催】

講演1:「医療機器業界への参入のポイントについて」
冨木医療器株式会社 取締役 下村多加郎 氏

講演2:「県内の医療機器業界への参入事例紹介」
澁谷工業株式会社 メカトロ事業部医療機本部 上田浩司 氏

 

メディカル・ツーリズムセミナー【平成22年11月24日(水)開催】

基調講演:「日本型国際医療交流(メディカル・ツーリズム)の可能性」
国際医療福祉大学副学長・教授(東京大学医学部名誉教授) 開原成允 氏

県内の取組状況紹介:
(1)恵寿総合病院
本部事務局 総務部長 梅田信一 氏

(2)マゼラン・リゾーツ・アンド・トラスト
代表取締役社長 朽木浩志 氏

 

今後の医療・福祉における機器、サービスの開発に向けて【平成22年8月30日(月)開催】

講演:「ロボットスーツHAL~新たな介護・福祉・生活支援への可能性~」
サイバーダイン株式会社 代表取締役副社長 坂本光広 氏

 

▲ ページの先頭へ

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)