ISICO トップ
目的別
組織別
地場産業振興センター
いしかわサイエンスパーク
デジネット DGnet
こんにちは  ゲスト  さま|メルマガ・会員登録ヘルプ

弁当箱をアメリカで販売 美しい色つやに高い評価

掲載号 vol.72
記事内容

目指せ!石川発の人気商品
 ヒットのタマゴ 

「いしかわ産業化資源活用推進ファンド(活性化ファンド)」の採択企業、各種展示会の出展企業の商品等にスポットを当てます。

 

販路は全米60店舗へ
 竹中のアメリカ向け弁当箱山中漆器の製造、販売を手がける(株)竹中は、主力商品である弁当箱をアメリカ市場に売り込んでいる。昨年1月以降、ニューヨークやシカゴの展示会に出展するほか、バイヤー向けに商品を紹介するホームページを立ち上げ、販路拡大に力を入れてきた。現在、取扱店はウェブショップや生活雑貨店など60店舗に増加。このうち20店舗からは毎月のように追加受注があり、アメリカ向けの盛り付け見本順調に販売数を伸ばしている。
 アメリカで販売している弁当箱は、PET樹脂にウレタン塗料で塗装したいわゆる近代漆器である。アメリカ市場の情報収集を行った上でサイズやデザイン、カラーについて試行錯誤を繰り返した末、1段タイプと2段タイプが2種類ずつの全4種類をラインアップする。形はどれもシンプルな長方形だ。「柄やイラストが描かれた弁当箱は子どもっぽいと敬遠される」(竹中俊介社長)ことから、すべて無地だが、それぞれに13色と豊富なカラーバリエーションをそろえている。
 アメリカ人から特に高く評価されているのが美しい色つやだ。優れた耐久性、電子レンジや食器洗い乾燥機にも対応する利便性、汁がもれず、2段タイプの場合は食べ終わった後、コンパクトに収納できる機能性も好評である。
 アメリカのバイヤーは追加注文に対して、速やかに納品しなければ、その後発注してくれなくなるため、現地の倉庫に在庫を置き、アメリカ企業に商品管理を委託し、速やかに納品できる体制を整えている。

 

将来見すえ海外挑戦
 竹中社長がアメリカでの販売に取り組んだ背景には「日本の国内消費は10年後、必ずマイナスになる」との危機感がある。そのため、事業を維持、発展させるには今とは違う販路が必要と考え、海外挑戦を決めた。竹中社長進出にあたっては、山中漆器の業者が既に参入しているヨーロッパ、流通過程が不透明な中国を避け、アメリカを選んだ。展示会出展には「いしかわ産業化資源活用推進ファンド(活性化ファンド)」海外展開支援枠の助成金を活用した。
 アメリカでは日本のような弁当箱は一般的でなく、サンドイッチを食品保存用の容器や袋で持参する人が多い。竹中社長は「アメリカの人口は日本の2.4倍。その上、市場は未成熟で大きく成長する可能性を秘めている」と期待を寄せ、アメリカでの販路開拓に一層力を入れる。

関連URL http://www.isico.or.jp/isico/i-maga/isico_v72
備考 情報誌「ISICO」vol.72より抜粋
添付ファイル
企業名 株式会社 竹中
事業内容 漆器の製造、販売など
創業・設立 創業  大正14年4月
もっと知りたい