ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > イベント・セミナー情報 > 労働生産性向上へ! 成長から成熟社会のビジネスシフトで逆転する これからの人材マネジメント&リーダーシップセミナー<全2回>(6/30、7/21開催)

労働生産性向上へ! 成長から成熟社会のビジネスシフトで逆転する これからの人材マネジメント&リーダーシップセミナー<全2回>(6/30、7/21開催)

印刷用ページを表示する更新日:2022年6月2日更新

講演会・研修会

開催日 2022年6月30日
開催時間 13時30分~16時30分
開催場所 オンライン会議システム「Zoom」
主催者 公益財団法人石川県産業創出支援機構
料金 無料
関連URL
添付ファイル

チラシ「労働生産性向上へ! 成長から成熟社会のビジネスシフトで逆転する これからの人材マネジメント&リーダーシップセミナー」 [PDFファイル/505KB]

開催概要

令和4年度 持続的成長へ!ISICO戦略的人材マネジメント塾

労働生産性向上へ!成長から成熟社会のビジネスシフトで逆転するこれからの人材マネジメント&リーダーシップセミナー<全2回>

「かつては波に乗れたのに、なぜか今はうまくいかない、いやむしろマイナスな感じも…」

人口減少による市場縮小、少子高齢化、驚くべき急速な技術革新、それに伴う仕事の価値観や幸福の定義の多様化、さらには新型コロナウイルスの感染拡大…、そうした中で日本は成長から成熟社会へと転じ、これまで当たり前だったことがどんどん通用しなくなっています。

世界に類を見ない速さで経済成長を遂げた日本。その限界を時代に先駆けて予見した“成熟社会の専門家”に、これからの中小企業の人材マネジメントとリーダーシップの在り方について提言いただきます。

 日時・内容:

【第1回】2022年 6月 30日(木) 13時30分~16時30分
 「成熟社会の人材マネジメント再入門〜成長社会思考からの脱却へ〜」

  成長社会のビジネス常識では、自社の未来を担う人材の確保・定着は困難で生産性も上がりません。
  そこでこれからの時代をデザインした人材マネジメントについて学び直します​。

【第2回】2022年 7月 21日(木) 13時30分~16時30分
 「人材の超多様化で求められていくリーダーシップの在り方とは!​」

  社員の価値観がバラバラであっても組織の生産性を高めて最大成果を出すカギとは?
  ここでは、「ビジョナリーリーダーシップ」について具体的な行動や方法を習得します。

 対象:県内中小企業の企業経営者、人事総務責任者・担当者、部下や後輩を指導する管理職リーダーやマネージャーなど

 会場:オンライン会議システム「Zoom」
    ※受講用URLは別途メールにてお送りします。

 定員:30名

 講師:

並木 将央(なみき まさお)

株式会社ロードフロンティア 代表取締役
中小企業診断士/経営管理修士(MBA)/電気工学修士 
ITコーディネータ/AI・IoTシニアコンサルタント

並木将央氏

 東京理科大学大学院工学研究科電気工学専攻博士前期課程修了、日本テキサス・インスツルメンツ株式会社、つくば研究開発センター研究員を経て、法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科修士課程修了。
 2011年4月に株式会社ロードフロンティアを設立。成熟社会経営コンサルタントとして、経営と技術の両面の知識から、そして現在の世情や人間観をも背景とした多様なマーケティングと経営手法・理論の活用によって、経営コンサルティングを中心に企業研修や自治体の地域活性化セミナー、大学での講演など幅広く活躍している。業種、業態を問わない成熟社会での戦略構築は幅広い顧客から支持を得ている。
 2014年には成長時代と成熟時代の時代格差や環境変化を取り入れた社会的イノベーションを背景とした事業変革理論を展開し、The Japan Timesの 「次世代を担う100人のCEO アジア2014」に選ばれている。
 著書に「成熟社会のビジネスシフト」(総合法令出版) 「28歳の仕事術」(日経BP社)「お仕事がはやくなる おとなの算数」(笠倉出版社)「小学生の算数だけで社長の仕事がスッとわかる!」(フォレスト出版)がある。

申し込み方法

人材マネジメント塾専用申し込みフォーム、もしくは添付のチラシ裏面の「受講申込書」に所定事項をご記入の上、FAXまたは電子メールでお申し込みください。

申込締切

6月28日(火)締切

お問合せ

機関・企業名 公益財団法人石川県産業創出支援機構
部署
総務企画部 企画広報課
担当 矢部、瀬戸
郵便番号
住所
TEL 076-267-1239
FAX 076-268-1322
E-mail jinzai@isico.or.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)