ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 情報誌ISICO > メニュー > 情報誌ISICOバックナンバー > 【巻頭特集】展示や声かけのこつなど、丁寧なアドバイスが参考に ~東森木材(株)

ViVOサイトへのリンク

活性化ファンド商品開発ストーリー集サイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

DGnetサイトへのリンク


【巻頭特集】展示や声かけのこつなど、丁寧なアドバイスが参考に ~東森木材(株)

印刷用ページを表示する更新日:2020年2月4日更新

【巻頭特集】
ギフト・ショーを糸口に販路拡大へ ISICOの支援受け21社が売り込み

ISICOでは、県内中小企業等が開発した新商品の販路開拓を後押しするため、2006年度から毎年、日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー」(以下ギフト・ショー)に出展している。2019年9月に開かれたギフト・ショーではISICOが設けたブース内に21社が出展し、独自の技術や工夫を凝らした商品をバイヤーらにアピールした。今回の巻頭特集では、ISICOの支援を受けて出展するメリットやギフト・ショーで得られた成果について3社の声を紹介する。

黒を基調にしたシンプル&モダンなイメージのISICOブースの写真。ギフト・ショーのLIFE×DESIGNアワードでベストブースデザイン賞を受賞した。

15社と商談が進行中 神戸の百貨店が催事で販売

「のとひばこ」の写真。ベーシックな「雅」のほか、金箔で装飾した「輝」、自分の手で組み立てられる「和」の3種類がある 木材の販売、加工を手がける東森木材がギフト・ショーで売り込んだのは、県木である能登ヒバ(アテ)を用いた木製アート「のとひばこ」である。これは、レーザー加工機で精緻に彫刻、切断した薄い木製シートを何枚も重ね合わせ、フレームに収めたインテリア雑貨で、鼓門や兼六園、尾山神社といった金沢の名所を立体的に再現。木の温もりや香りを楽しみながら、旅の思い出に浸ることができる土産品として販売している。
 ギフト・ショーの期間中には、バイヤーなどから「作り込みが非常に緻密」「新規性がある」といった評価が寄せられ、その後、関東や関西のネットショップ、美術館や空港にあるショップ、ホテルなど約15社と商談が進んでいる。
 このうち神戸市内にある百貨店パレスサフランでは、昨年11月に開かれた催事でのとひばこを販売した。東森木材では、地元の消費者に喜んでもらおうと神戸の観光名所である「風見鶏の館」をモチーフにした新商品も持ち込み、街道登社長は「思っていたよりもたくさん売れた」と笑顔で話す。
 ギフト・ショーでは、これまで接点のなかった香林坊大和のバイヤーとも商談が進み、今年3月の催事での販売が決定している。

多くのバイヤーに知ってもらえたことが収穫

レーザー加工の様子の写真。気の性格や湿度、温度によって、出力を微調整しながら仕上げる。 東森木材がのとひばこを開発したのは、住宅着工数が減り、木材需要が減少する中、何か新たな事業をと考えたことがきっかけだった。木材に付加価値を付けるため、2016年にレーザー加工機を導入。試行錯誤の末に2018年10月に完成させたのが、のとひばこだった。
 とはいえ、従来の業務とはまったく違う販路の開拓は難航した。飛び込み訪問や取引銀行の紹介などで、少しずつ扱ってくれる店舗が増えたものの、もっとPRして認知度を上げなければとギフト・ショーのISICOブースへの出展を決めた。
 「出展前には、効果的な展示方法やバイヤーへの声かけのこつなどについて、丁寧な指導を受けることができて、大変参考になった。商品に合わせた展示台もあつらえてくれて助かった」と話す街道社長。アドバイスを参考に、一番上には遠くから見ても目立つよう4倍のサイズの商品を展示、下段には手に取ってみてもらえるよう、あえて雑然とした雰囲気に商品を配置したほか、商品の特長である立体感を強調するため、背景に光が差し込むようにした。
のとひばこのデザインを担当する中山亜希子さん、街道登社長、レーザー加工を手がける西島孝主任の写真。 「広告もせず、知る人ぞ知る商品だったのが、ギフト・ショーを通じて全国の人の目に留めてもらうことができた」。街道社長はそう喜び、今後は葛飾北斎の作品、日本各地の城をモチーフしたものなど、ラインアップを拡充するほか、ギフト・ショーでの出会いを足がかりに販路開拓に力を入れる考えだ。

企業情報

企業名 東森木材 株式会社
創業・設立 設立 1988年9月
事業内容 木材の販売、加工

企業情報詳細の表示

関連情報

関連URL 情報誌ISICO vol.109
備考 情報誌「ISICO」vol.109より抜粋
添付ファイル

添付ファイルを開く [その他のファイル/206KB]

掲載号 vol.109