ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 情報誌ISICO > メニュー > 情報誌ISICOバックナンバー > コロナ禍に打ち勝つ! Case1 石川、東京、新潟を結びオンラインで打ち合わせ ~(株)原田鉄工所

ViVOサイトへのリンク

活性化ファンド商品開発ストーリー集サイトへのリンク

じわもんセレクトサイトへのリンク

DGnetサイトへのリンク


コロナ禍に打ち勝つ! Case1 石川、東京、新潟を結びオンラインで打ち合わせ ~(株)原田鉄工所

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月22日更新

コロナ禍に打ち勝つ! 新たな商機の獲得へ知恵絞る

新型コロナウイルスの感染拡大によって、この春、経済活動に急ブレーキがかかった。さまざまな制限が解除された6月以降はやや持ち直したとはいえ、収束するにはまだ時間がかかるため、企業にとっては今後、ウイルスとの共生を前提に、経営環境の変化に応じて事業モデルや仕事のやり方を見直していくことが必要だ。そこで今回の特集では、この苦難を乗り切って次の成長につなげようと知恵を絞る県内企業4社の取り組みを紹介する。​​​

初顔合わせの直後、往来が困難に

原田鉄工所やアドバテクス、ISICOの担当者らが顔を合わせるオンライン会議の様子の写真 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、不要不急の外出や都道府県をまたいだ移動の自粛が求められる中、テレワークを推進する動きが活発化し、出張を制限する企業も急増した。こうした状況にあって、業務で利用する機会が格段に増えたのが「Zoom(ズーム)」などのオンライン会議アプリである。精密部品の製造を手がける原田鉄工所でも、打ち合わせにZoomを活用してISICOがあっせんした県外大手企業と開発を進めている。
 原田鉄工所が商談を進めているのは、精密ばねのトップメーカーであるアドバネクスだ。アドバネクスは東京に本社があり、国内に複数の工場を有する。今年2月にはISICOの受注開拓アドバイザーの手引きで本社の営業担当者と新潟工場の技術担当者が原田鉄工所を訪れ、顔合わせと設備の確認を行った。本来であれば、その後、互いに行き来しながら具体的な話を詰めていくはずだったが、新型コロナによって往来が難しくなり、Zoomを活用して打ち合わせることにした。
 国内外に複数の拠点があるアドバネクスでは、これまでも社内会議などにZoomを導入していた。一方、原田鉄工所ではまったくの初めてで、パソコンを介してインターネットに接続できるウェブカメラを購入したほか、Zoomのアプリをインストールして準備を整えた。

資料の共有や試作品の検討にも便利

 初めてのオンライン会議は原田鉄工所、アドバネクスの東京本社と新潟工場、ISICOの4カ所を結んで開催し、その後も必要に応じてZoomでコミュニケーションを取っている。
 「最初から想像以上にうまくいった」と笑顔を見せるのは原田栄治社長だ。今回の開発案件では、東京にある本社や新潟工場とやりとりする必要があり、仮に新型コロナの影響がなかったとしても、一堂に会して話し合うには日程や場所を調整しなければならない上、移動には時間も費用もかかる。その点、オンライン会議は、各地にいる人たちが集まって話すのに便利で、図面などの資料も画面上で共有できる。また、試作品の細部について検討する際などには、文章や言葉で伝えるよりも、映像を見ながら話し合う方がスムーズに進むことも多い。
 原田鉄工所では、他の取引先との打ち合わせでも、オンライン会議アプリの活用によって、普段出張が難しい現場の技術者と直接話せる機会を持てるようになり、開発のスピードアップにつながっているという。
 もちろん、実際に設備を見ながら話した方が効率的だが、今後も極力訪問を控えつつ、オンライン会議をフル活用して開発を進めていく考えだ。

県内企業の得意技術をISICOが全国にPR

 ところで、今回、両社をマッチングしたのはISICOの受注開拓アドバイザーである。アドバネクスでは従来の外注加工先では生産が追い付かず、ボトルネックになっていた部品の製造プロセスを刷新し、一体成型によって生産性を向上させるため、それに合わせた旋削加工ができる外注先を探していた。しかし、その部品の素材となる金属は硬度が高く加工が難しいため、品質・コスト・納期のすべての面で要求を満たす企業が見つからず、難航していた。ISICOでは県内ものづくり企業の取引先を開拓するため全国の大手・中堅発注企業を訪問しており、アドバネクスから要望を聞いたアドバイザーが難削材の加工を得意とする原田鉄工所を引き合わせた。
難度の高い開発案件に意欲的に取り組む原田栄治社長の写真。 「中小企業にとって新規取引先の開拓は難しく、得意分野を生かせる仕事を紹介いただき、非常にありがたい。技術的にハードルの高い開発案件だが、既に試作に入っており、何とか成功させて年末までに量産にこぎ着けたい」と話す原田社長。この事例に限らず、ISICO受注開拓課では今後も、必要に応じてオンライン会議アプリも活用しながら、受発注取引をあっせんしていく。

企業情報

企業名 株式会社 原田鉄工所
創業・設立 設立 1985年4月
事業内容 小物精密部品、油圧機器部品、産業機械部品、医療機器部品等の製造

企業情報詳細の表示

関連情報

関連URL 情報誌ISICO vol.111
備考 情報誌「ISICO」vol.111より抜粋
添付ファイル

添付ファイルを開く [その他のファイル/210KB]

掲載号 vol.111