ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小田 護

印刷用ページを表示する更新日:2021年10月26日更新
氏名ふりがな おだ まもる
専門業種 経営
現場改善
外国語
専門業種詳細 5S活動
1. 導入編研修
  5Sの概念的理解を深めることを目的としています。5Sの意義・目的。メリットなどを分かり易く説明します。
2. 運用編研。
 
QC改善活動
1. 問題解決型QC改善活動
  オーソドックスな改善活動の基礎編ともいうべきカリキュラムです。この手法・ステップをマスターするだけでもかなり現場での改善力が向上します。
2. 課題達成型QC改善活動
  現状打破型の改善活動です。既に問題解決型の活動を展開され、なんとなくマンネリ化に陥っている会社様や新しい手法を学びたい方に最適の内容です。
3. 改善活動の運用研修
  いわゆる7つ道具ともいうべき工具の学習
  社内での有効な改善の実施・組織化に関して
 
問題解決力向上研修
1. 問題とは?
2. 問題解析の手法
3. 改善計画の作成
 
コミュニケーション関連研修
1. 社内コミュニケーション系 報連相の入門編
2. 社内コミュニケーション系 報連相の応用編
3. 対外コミュニケーション系 CSRとコミュニケーション
 
人材育成研修
1. 部下育成とは?
2. 必要な心構とは?
3. 育成の重要なポイントとは?
4. 部下育成計画の作成
 
階層別研修
1. 管理者向け研修:18H
  管理の基礎
  組織運営の基本
  業務の管理
  部下育成
  リーダーシップ
  その他
2. 監督者向け研修:18H
  職場長の役割
  業務の進め方
  5Sとは
  部下指導とは?
  職場の活性化
  その他
 
日本人管理者向け研修
1. 赴任前研修
2. 着任後研修
  中国人の全体像の把握
  日本人との違い
  中国人を管理するにあたってのポイント
  日本人管理者として必要な力量とは?
  その他
 
リーダーシップ研修
1. リーダーシップとは?
2. 基本的な必要とされる要件とは?
3. 自己分析
4. 自己の課題
5. 今後のリーダーシップの開発計画の作成
保有資格
保有資格の登録番号
役職/公職
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 国際化アドバイザーその他
関連URL 関連URLを開く
添付ファイル

IMG_0003.jpg

経歴

氏名 :小田 護(おだ まもる)
生年月日 :1958年(昭和33年)4月19日生

1981年(昭和56年) 3月 同志社大学経済学部卒業
1981年(昭和56年) 4月 京セラ株式会社 入社
1987年(昭和62年) 5月 京セラ株式会社 退社
1987年(昭和62年) 6月~2002年(平成14年)1月まで香港・中国にて業務
日系独資の食品会社の総経理など歴任
2003年(平成15年)11月 (株)CJコンサルタント設立。代表取締役に就任。
2005年(平成17年)10月 上海悉捷管理諮詢有限公司を上海に設立。総経理に就任

私は1987年に初めて香港へ、1988年の秋の広州交易会が中国との人生で最初の出会いでした。

香港では貿易会社、そして1995年から製造系の会社に入社し1997年から、中国の現地法人の総経理を務め、2003年11月に日本国内で(株)CJコンサルタントという自分の会社を立ち上げました。
そして、その約2年後である2005年10月に上海で上海悉捷管理諮詢有限公司という現地法人を立ち上げました。

自分の会社を立ち上げた主旨は、1997年から私が総経理を担当していた中国国内での実務的経験をベースにして、こちら中国での日系企業様の経営サポートをしようと思い会社を立ち上げた次第です。

中国での豊富な実務経験をもとに、これから会社を伸ばしてゆこうという企業様の経営支援をしております。

弊社の社名にありますCJとは、CはCHINAのCでJはJAPANのJを表しています。
中国、日本と関係なく企業様のご発展を応援したいとの思いでこの名前にしました。

この中国や日本での業務というのは私の業務の根源的スタンスです。


わが社は時代の要請に応じて、グローバル化された環境での日系企業様を社員教育・社員研修・現場改善という形で応援する会社です。

環境の変化に対応できない者はやがて淘汰される・・・。というダーウィンの有名な言葉は、ビジネス・シーンでも十分通用する名言です。

またここ4~5年は日本国内でもグローバル化の影響を受け、日本人社員の方の支援もしております。

活動実績(自己PR)

2003年の会社設立以来、中国国内をベースに活動をしてまいりました。
日本での会社は(株)CJコンサルタントで、中国上海での会社は上海悉捷管理諮詢有限公司です。
ただここ5年位前からは日本国内での支援活動もかなり増えました。
その背景には、海外に進出された企業様(その最初の進出先が中国であるケースが多く、その後はアセアン諸国に展開されている会社様が多い)が直面する問題をスムーズにしかもタイムリーに全社的に解決できるようになるためには、やはり日本本社での体制(人材育成・経営管理システムの落とし込み等々)が重要だとの認識があります。
私は年間の内、3分の2は上海をベースに中国国内で活動しております。
上海ベースではありますが、中国国内出張も多く、大連・青島・無錫・蘇州・広州・深圳などへの出張も日常的です。
すでに中国国内では、私の研修を実施された企業様は100社(大手企業様では中国国内で複数の拠点をお持ちで、それぞれの法人(拠点)を1社として数えています。)は超えており、のべ受講生は5,000人は超えています。
そして3分の1の時間は、日本国内での業務となっております。
多くの企業様は、その企業規模などに関係なく日本本社と海外現地法人での経営のレベルを同じ水準まで上げたいとの希望をお持ちです。
このようなご要望に的確にお応えするために、私どもは国境に関係なく業務を実施しております。
日本ではもちろん日本語での支援です。中国では通訳なしで私が直接中国語で現地スタッフの方への支援をしております。
また、日本人管理者の方や日本本社の方への報告はもちろん日本語でしております。
日本国内では現在のようにグローバル化された時代でもあり、人材育成という面から海外勤務をするであろう人材の方へのさまざまな支援をしております。
現在の公職として、下記の通りです。
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 国際化アドバイザー
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 海外販路開拓支援アドバイザー
新潟県中国ビジネス・コーディネータ
岐阜県海外市場開拓支援アドバイザー
また日本の下記の大学においても、過去に講師を担当し、若手人材育成にも力を注いております。
金沢大学 人間社会学域   講師を2012年7月~2013年3月まで担当しました
福井大学  国際センター  講師を2013年に担当しました。

顔写真

小田 護
小田 護

備考

上海にも現地法人があります。上海悉捷管理諮詢有限公司です。メールアドレスは日本と同一です。研修を実施している写真です。

お問合わせ

機関・企業名 (株)CJコンサルタント
郵便番号 929-0325
住所 石川県河北郡津幡町加賀爪ホー34
TEL 076-289-7888
FAX
076-289-7888
E-mail oda@cjconsul.com