ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中出 義幸

印刷用ページを表示する更新日:2022年4月25日更新
氏名ふりがな なかで よしゆき
専門業種 ものづくり
現場改善
専門業種詳細 1.品質問題未然防止法(FMEA/FTA/DRBFM)
 トヨタ自動車 DRBFM A級認定
2.製品設計開発
 構造/回路設計(特許出願143件、国内登録67件、海外登録29件)
3.公差設計・解析
 ものづくりから考える公差設計、製品構造、金型設計
4.京都府中小企業技術センター 特別技術指導員
保有資格 ・トヨタ自動車認定 DRBFM A級エキスパート
 (サプライヤー初、世界で10人目)
・ISO/TS社内監査員
・第3種電気主任技術者
・高圧電気工事技術者
・テレビジョン修理技術者
・石油燃焼機器取扱技術者
保有資格の登録番号 ・第3種電気主任技術者:第16-1438号
・高圧電気工事技術者 :試験合格第38216号
・石油燃焼機器取扱技術者:第202699号
役職/公職
Nakadeメソッド研究所 代表
関連URL
添付ファイル

経歴

パナソニックにて車載電装品開発を26年間担当
複雑な構造設計及び回路設計の習得、ハンドル周辺の操作ユニット、キーレス等の製品開発とマネジメントを担当。
・2013年6月 トヨタ自動車DRBFM A級認定(サプライヤ初)
・2014年5月 社長賞受賞
・2015年3月 パナソニック早期退社
・2015年4月 京都府中小企業 特別技術指導員
・2015年8月 設計品質コンサルタントとして独立
・2018年1月 Nakadeメソッド研究所 設立
・2019年5月 公差設計支援

活動実績(自己PR)

自己PR

品質問題の発生、設計の手離れが悪いなどお困りではありませんか。
その原因は、気付かなかったか、詰めが甘かった の2つしかありません。
私はこれまで環境の厳しい車載で培った経験をもとに、この両方の視点から問題解決が図れます。具体的には、設計の見える化スキルを有し、問題の芽を見つけて未然に対処する力量があります。
さらに、現場のものづくりを重視した公差設計の指導が行え、QCDを考慮した最適設計の提案と人材育成ができます。また設計アイディアも豊富で、特許出願143件、国内登録67件、海外登録29件の実績があります。

Nakadeメソッド独自考案

独自考案した、「システム機能から品質を考えるNakadeメソッド」によって、気付き与え、問題を引き起こすストレスを正しく定義し、ストレスに対するストレングスを見える化し、対比することで、最適設計と高品質、低コストの実現ができます。

活動実績

  1. パナソニック社員として、トヨタ自動車DRBFMのA級認定をサプライヤー初、世界で10人目に取得。

  2. 品質問題未然防止法、公差設計の講演会・セミナー講師
    延べ95回、約2,100人に講演実践。
    6年前から各企業にて、品質問題未然防止、開発設計支援、技術者育成に貢献。

今、アクションを起こさなければ時間だけが過ぎていきます。
幅広い分野で必ず皆さまへのお役に立てるものと自負しています。
よろしくお願いいたします。

顔写真

備考

お問合わせ

機関・企業名 Nakadeメソッド研究所
郵便番号 914-0812
住所 福井県敦賀市
TEL 090-1310-3004
FAX
E-mail yoshiyuki@rm.rcn.ne.jp