ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 2022年度「STI for SDGs」アワード(JST 締切:R4.7.11)

2022年度「STI for SDGs」アワード(JST 締切:R4.7.11)

印刷用ページを表示する更新日:2022年5月20日更新

その他公募情報

実施機関 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
公募期間 あり
公募開始:2022年4月27日 ~
公募終了:2022年7月11日
関連URL 関連URLを開く

概要

「STI for SDGs」アワードとは

「STI for SDGs」アワードとは、未来共創推進事業の一環として、科学技術イノベーション(Science, Technology and Innovation: STI)を用いて社会課題を解決する地域における優れた取組を表彰する制度です。

国内の団体によって行われている優れた取り組みを見出して表彰し、それらの取り組みのさらなる発展や、同じような課題を抱える地域でも広く活用できるような水平展開を進めることを通じて、SDGsの達成に貢献することを目的としています。取り組みに用いるSTIについては、分野、用途、新規性、技術水準等の要件は設けておらず、既存の身近な技術をうまく活用している取り組みも対象となります。

※2030年のSDGs達成に向けて策定された国の「SDGs アクションプラン 2022 ~全ての人が生きがいを感じられる、新しい社会へ~」において、本アワードが重点事項「Prosperity 繁栄:成長と分配の好循環」の中での具体的施策の一つとして取り上げられています。

受賞のメリット

受賞された取り組みについては、その内容を広く周知し他の地域でも活用いただけるよう、以下のような水平展開施策を進めていきます。

  • JST主催の「サイエンスアゴラ」での表彰式・表彰イベントにて取り組み内容をご紹介
  • JSTの情報発信サイト「Science Portal」での取り組み内容ご紹介
  • 各種展示会やJST主催・関連イベントにおける取り組み紹介のための登壇・展示機会のご提供(エコプロ、サイエンスアゴラ地域連携企画 など)
  • 取り組み推進のための他者連携などを目的としたネットワーク作りの機会のご提供(イベント参加、マッチングプランナー紹介、ファンド事業紹介 など)

応募要件

  • 科学技術イノベーション(STI)を用いて社会課題を解決することによりSDGsの達成を目指す、地方自治体、民間企業、大学等(国公私立大学、高等専門学校、公設試験研究機関、国立研究開発法人等)、公益法人・NPO等の非営利法人、教育機関(高等学校、中学校等)、自治会やサークル、市民ネットワーク等の団体による、日本国内における取組であること。
  • 応募時点において、取組が計画や研究段階ではなく、社会課題解決のための具体的な活動実績を持つものであること。
  • 自薦での応募であること。

表彰・表彰式

  • 選考委員会による審査を実施のうえ、以下の受賞取組を決定します。
    • 文部科学大臣賞(1点)
      最優秀賞として1件の取組を選出します。
    • 科学技術振興機構理事長賞(1点)
      文部科学大臣賞に次いで優れた取組の中でも、STIの活用において特に優れている1件の取組を選出します。
    • 優秀賞(4点程度)
      文部科学大臣賞に次いで優れている4件程度の取組を選出します。
    • 次世代賞(3点程度)
      大学生、高校生等の若い世代の方が主体となって活動している優れた取組3件程度を選出します。但し、その他の賞にふさわしいと判断された場合は、次世代賞以外の賞に選出する場合があります。
  • 表彰式は、11月上旬に開催する「サイエンスアゴラ」内での実施を予定しています。受賞された団体の皆さまには、表彰式にて、ご自身の取組紹介を行っていただく予定です。
  • 受賞された団体の皆さまに対しては、その取組の素晴らしさと、国内外での活用を促す目的で、各種メディアでの取組のご紹介機会や、イベント・セミナーにおける出展、ご登壇機会などをご紹介します。それに伴い、取材や各種資料等のご提供につきご協力をお願いする場合があります。
  • 受賞には至らなかった場合でも、選考過程で一定の評価を得た取組については、JSTの情報発信サイト等でご紹介することがあります。

備考

詳細については、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 国立研究開発法人科学技術振興機構
部署 「科学と社会」推進部
担当
郵便番号
住所
TEL
FAX
E-mail sdgs-award〔at〕jst.go.jp 〔at〕をアットマークに変えてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供する「Adobe Acrobat Reader DC」が必要です。
「Adobe Acrobat Reader DC」をお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)